ギャラクシーノート10、4種発売の見通し…"5G・LTEにそれぞれ一般・プロのモデル"

박수정 기자

登録 : 2019-06-07 14:47 | 修正 : 2019-06-07 14:47

[ギャラクシーノート10、4種発売の見通し…"5G・LTEにそれぞれ一般・プロのモデル"]



サムスン電子の下半期のフラッグシップスマートフォン「ギャラクシーノート10」が計4種で発売されるものと予想される。

6日、外信などによると、8月に公開されるものと予想されるギャラクシーノート10は5世代(5G)移動通信と4G LTE向けにそれぞれ2種ずつ発売される。

前作のギャラクシーノート9と同一の6.4型ディスプレイを搭載した一般モデル、6.7型ディスプレイを搭載したプロモデルに分けられる。 それぞれ4300mAh、4500mAh容量のバッテリーを搭載するものとみられる。

3月に発売されたギャラクシーS10と同様に前面ディスプレイにカメラホールを残した「インフィニティ-O」ディスプレイが適用される。 ただ、前的の右上段にカメラホールを配置したギャラクシーS10とは違って、ギャラクシーノート10のカメラホールは前面の中央に配置する可能性が高い。

前作に比べ、ギャラクシーノート10は縦に長くなる見通しだ。 前作のギャラクシーノート9が18.5対9の画面比だったのとは違って、19対9比率が適用される。 45Wの急速充電機能も支援される。

ヘッドフォンのジャックがなくなるという予想も出ている。 デザインを簡素化する最新トレンドと無線イヤホンの活性化により、スマートフォンのヘッドフォンのジャックがなくなる傾向に応えるという予想だ。 アップル、グーグル、ファーウェイなどスマートフォンメーカーはすでにフラッグシップスマートフォンからヘッドフォンのジャックを取り除いた。

一般モデルは後面にトリプルカメラを、プロモデルはクワッドカメラを装着するものと予想される。

サムスン電子はこれまでギャラクシーノートの新製品を8月中に公開してきた。 これによって、ギャラクシーノート10を8月中に公開し、その前の7月にフォルダブルフォン「ギャラクシーフォールド」を発売するものと見られる。
top