ポスコ、「世界で最も競争力のある鉄鋼会社」10年連続1位

박수정 기자

登録 : 2019-06-19 16:27 | 修正 : 2019-06-19 16:27

[ポスコ、「世界で最も競争力のある鉄鋼会社」10年連続1位]



ポスコが全世界で「最も競争力のある鉄鋼会社」1位に、10年連続選ばれた。

19日、鉄鋼専門分析期間である「ワールド・スチール・ダイナミクス(WSD)」が発表した資料によると、ポスコは世界的な鉄鋼メーカーのうち、総合競争力1位を占めた。 さらに米国「Nucor」、オーストリア「voestalpine」、ロシア「Severstal」、日本「日本製鉄」などがトップ5に名を連ねた。

WSDは全世界34の鉄鋼会社の23項目別の競争力を細部評価した後、これを総合して毎年順位で発表する。 これは鉄鋼会社の経営実績と発展可能性を占う重要な指標として活用されている。

ポスコは対内外的に不確実な経営環境の中にも、高付加価値製品(WTP)の比重を高めてきた点を肯定的に評価されたという。 このほかにも経済的価値と社会的価値を同時に追求する過程を通じ、投資環境の造成や財務健全性の改善などを成し遂げた点も高い評価を受けた。

項目別にみると、△高付加価値製品 △加工費用 △技術革新 △人的力量 △新成長事業育成 △投資環境 △国家危険要素など7項目で最高点数を獲得した。 総合点数は10点満点に8.35点だ。
top