韓国‐ベトナム経済協力、2人5角の経済レースを広げる
韓国-ベトナム経済副首相、21日「第1回韓国-ベとナム経済副首相会議」に出席

양정미 기자

登録 : 2019-06-25 15:18 | 修正 : 2019-06-25 15:18

[写真=聯合ニュース(21日午後、ソウル新羅ホテルで開かれた「韓国・ベトナム経済副首相会議」が終わった後、洪楠基経済副首相兼企画財政部長官(左)とベトナムのブオン・ディン・フエ経済副首相が握手をしている)]


スタートアップが国境制限なく活動できるようにする「韓-ASEANスタートアップ国際機構」の設立に、韓国とベトナムの経済当局が力を合わせる。韓国の不良債権管理の経験をベトナムに共有し、開発が盛んに行われているベトナム市場の焦げ付きもともに予防する。韓国のエネルギー企業のベトナム投資を誘導するために、輸出入銀行・韓国貿易保険公社がベトナム石油・電力公社と手を組む。

特に、韓国とベトナムは △貿易・投資 △金融・開発協力 △インフラ建設・エネルギー △産業・農業・科学技術・ICT △労働・保険医療など5つの分野に対する経済協力拡大案を合意し、「2人5各」の経済レースにともに乗り出すことにした。

洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は21日午後4時、ソウル新羅ホテルでベトナムのブオン・ディン・フエ(Vuong Dinh Hue)経済副首相が出席した中、第1回韓国-ベトナム経済副首相会議を開いた。この日の会議では、昨年3月にベトナムで開かれた韓国-ベトナム首脳会談で経済協力チャンネルを構築することで合意した後、約1年ぶりだ。

貿易・投資の側面で両国は、韓国-ASEANスタートアップが、国境の制約なしに活発な活動ができる「韓-ASEANスタートアップ国際機構」の設立に協力する予定だ。韓国の流通企業がベトナムに追加小売店舗を出店する際、経済的需要審査(ENT)を含む各種許認可手続きも簡素化する。

金融・開発協力分野では、韓国-ベトナム金融情報交換及び監督協力MOUを改正(金融委員会・金融監督院-ベトナム中央銀行)し、金融監督協力を強化していく。また、韓国の不良債権管理の経験共有、共同研究など、ベトナムの金融安全網強化のための協力事業も拡大する。

インフラ建設・エネルギー分野の場合、韓国企業がリスクの負担なくベトナムのインフラ事業に積極的に参加できるよう、民間協力事業(PPP)制度も改善する。エネルギー関連の国内企業がベトナムに積極的に投資できるよう、輸出入銀行と韓国貿易保険公社がベトナムの石油・電力公社と協力を強化する。

産業・農業・科学技術・ICT分野では、既存の5G・電子政府など主要科学技術に関する情報共有と能力強化のための協力を強化すると同時に、韓国-ベトナム農業協力委員会を活性化して両国の農業協力を一段階あげる計画だ。

労働・保健医療分野では、昨年合意された社会保障協定と医薬品の公共入札に対して両国が協定締結などを終えるために速度を高める予定だ。

洪副首相は、「前回の首脳会談以後、両国間の協力の進行状況を総合的に点検して協力の速度を高め、ひいては11月に予定された韓-ASEAN特別首脳会議の成果を準備していく重要な席」であるとし、「両国が一緒に知恵を集めて経済協力を一段階アップグレードさせるきっかけにならなければならない」と強調した。


 
top