拘束から68日、釈放されたパク・ユチョン「一生懸命に正直に生きる」

양정미 기자

登録 : 2019-07-02 14:31 | 修正 : 2019-07-02 14:31

[写真=聯合ニュース]


元JYJのユチョンが2日午前、拘束から68日で水原(スウォン)拘置所から釈放された。

水原地裁刑事4単独は麻薬類管理に関する法律違反の容疑を受けたユチョンに懲役10ヶ月、執行猶予2年、追徴金140万ウォンと保護観察や薬物治療などを宣告した。これにより、今年4月26日に拘束されて水原拘置所に収監中だったユチョンは釈放された。

釈放されたユチョンは現場の取材陣に向けて「多くの方々にご心配おかけし、心から再び謝罪したい」とし、「これから社会に多くの奉仕しながら熱心に正直に努力する。必ずそうします。申し訳ありません」と謝罪した。
 

[写真=聯合ニュース]

ファンへのメッセージを聞かれると、ユチョンは目をうるませ、「ファンの方々に本当に申し訳ありません」と言いながら「本当に申し訳なく思い、本当にすみませんでした」と頭を下げて話し、「一生懸命に正直に生きる」答えた。

一方、ユチョンは今年2~3月に南陽乳業創業者の孫であり元交際相手のファン・ハナ氏(公判中)と3回にわたり覚せい剤1.5グラムを購入し、6回に分けて使用した罪などで起訴された。また、昨年9~10月には所持していた覚せい剤をファン氏と一緒に使用した容疑も持たれている。
 
top