キム・セヨン、赤いズボンを履いて「LPGA 9勝、収穫・・・マラソンクラシック「圧倒的勝利」(総合)

양정미 기자

登録 : 2019-07-15 20:08 | 修正 : 2019-07-15 20:08

[写真=聯合ニュース提供]


キム・セヨンが米国女子プロゴルフ(LPGA)ツアー・マラソンクラシック(賞金総額175万ドル)で優勝を獲得し、多勝者隊列に合流した。

キム・セヨンは15日(韓国時間)、米オハイオ州シルバニアのハイランドメドー ズGC(パー71)で行われた大会最終4ラウンドで7バーディ、1ボギーの「65」で回り、通算22アンダーの262で優勝した。

キム・セヨンはこの日、5打を減らすのにとどまった単独2位のレクシー・トンプソン(米国・20アンダー264打)を2打差をつけてシーズン2勝目を挙げた。また、キム・セヨンはツアー通算9勝を達成し、優勝賞金26万2500ドル(約3億1000万ウォン)を獲得した。キム・セヨンが優勝したのは、去る5月のメディヒールチャンピオンシップでトップに上がった以来、2ヵ月ぶりだ。

今回の優勝でキム・セヨンはコ・ジンヨン、パク・ソンヒョン、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)に続き、今年4回目の多勝者隊列に合流した。さらにキム・セヨウンは、朴セリ(パク・セリ、25勝)、朴仁妃(パク・インビ、19勝)、シン・ジエ(11勝)に続きLPGAツアー韓国選手歴代最多勝ランクでチェ・ナヨン(9勝)と共同4位に上がった。

最終日、レクシー・トンプソンに1打リードして単独首位でスタートしたキム・セヨンは、序盤から独走を繰り広げた末に優勝カップを胸に抱いた。

トンプソンは初の1番ホール(パー4)からボギーで崩れた。一方、キム・セヨンは2番ホール(パー3)でバーディーを奪い3打差をつけた。特にキム・セヨンは7〜11番ホールで5連続バーディーを奪い、トンプソンを6打差で大きく引き離した。キム・セヨンが16番ホール(パー4)で初のボギーを記録したが、すでにトンプソンの追撃意志はすっかりくじかれた。

トムソンは17、18番ホール(パー5)でバーディー‐イーグルで一瞬に3打を減らしたが、キム・セヨンとの差は変わらぬ2打差だった。キム・セヨンは最後の2ホールで安定的にパーセーブに成功し、軽く優勝を確定した。

新人王候補のイ・ジョンウン6はこの日、2打を減らし14アンダーパーで単独4位を占めており、LPGAツアー最年少の19歳の新人チョン・インヨンも1打を減らして個人最高成績の9アンダーパーで共同11位に名を連ねた。

キム・セヨンの優勝で今シーズン韓国選手たちは19大会で9勝を合作し「コリアンパワー」を続けた。韓国選手たちは、昨年記録した9勝を早くから満たし、2015年と2017年に作成したシーズン最多15勝の記録を再び狙うようになった。
top