サムスン電子・SKハイニックス、日本の輸出規制に韓国産フッ化水素の代替テストに着手

박수정 기자

登録 : 2019-07-16 11:37 | 修正 : 2019-07-16 11:37

[サムスン電子・SKハイニックス、日本の輸出規制に韓国産フッ化水素の代替テストに着手]



国内の半導体業界が日本政府の輸出規制による供給支障の可能性を解消するため、国産素材のテストに乗り出した。

15日、関連業界によると、サムスン電子とSKハイニックスは最近、国産の高純度フッ化水素を生産工程に適用できるかどうか可能性をテストしている。 ただ、一部から出た生産工程の投入が実際に行われるためには時間がさらに必要だというのが業界関係者らの主張だ。

サムスン電子の関係者は"多様な可能性を開いて検討をしているのは事実"とし、"フッ化水素だけでなく、可能性のある品目は代替テストをしている"と述べた。

彼は"ウェハーの原板が投入され、完成品として完成するまで少なくとも1ヶ月以上かかるのに、今としては国産のフッ化水素が日本産を代替できるかどうかも分からない"と付け加えた。

SKハイニックスの関係者も"一部のテストを行っているのは事実だが、生産ラインに投入したというのは事実ではない"とし、"テスト生産水準でもなく、言葉通り使えるかどうかを確認する過程"と説明した。
top