ロッテケミカル-GSエネルギー、8000億規模の石油化学合弁会社の設立

박수정 기자

登録 : 2019-07-16 11:42 | 修正 : 2019-07-16 11:42

[ロッテケミカル-GSエネルギー、8000億規模の石油化学合弁会社の設立]



ロッテケミカルがGSエネルギーと提携し、8000億ウォン規模の石油化学会社を設立する。

15日、ロッテケミカルとGSエネルギーはソウル蚕室(チャムシル)のロッテシグニエルで、ビスフェノールA(BPA、Bisphenol-A)及びC4油分製品を生産する合弁会社「ロッテGS化学株式会社」(仮称)の設立契約を締結した。 合弁会社は今年下半期に設立予定であり、ロッテケミカルが51%、GSエネルギーが49%の持分を所有することになる。

新規の合弁会社は2023年までに計8000億ウォンを投資し、年間BPA製品20万トンとC4油分製品21万トン生産規模の工場を建設する。 工場はロッテケミカルの麗水(ヨス)4工場内にある約10万㎡の敷地に建設される。 年間売上高は1兆ウォン、営業利益は1000億ウォンに達すると期待される。

両社は今回の戦略的提携を基に、事業競争力を強化していく計画だ。 ロッテケミカルはポリカーボネート(PC、Polycarbonate)の生産原料であるBPAを合弁会社から供給を受け、PC製品の価格競争力の向上を図り、既存のC4油分製品事業を拡張することになる。

GSエネルギーは子会社であるGSカルテックスを通じて合弁会社の製品生産原料であるプロピレン(Propylene)、ベンゼン(Benzene)、C4油分などを合弁会社に供給することにより、安定的な取引先を確保し、石油化学部門のポートフォリオを強化するものと期待している。
top