KT、映像と音を結合させた先端保安技術の披露

박수정 기자

登録 : 2019-07-23 18:17 | 修正 : 2019-07-23 18:17

[KT、映像と音を結合させた先端保安技術の披露]



KTは映像と音を結合し、死角地帯なしに周辺状況を感知する技術である「GiGAeyes Active Sound Sensing」技術を開発したと23日、明らかにした。

今回開発された技術はKTの知能型映像セキュリティプラットホーム「GiGAeyes」と音の感知を結合し、周辺状況を感知する技術で、これまで活用されなかった領域の音まで利用したのが特徴だ。 この技術を活用すれば、死角地帯なしに360度感知が可能になり、新しい概念のセキュリティサービス領域を開拓することができる。

顧客はモバイルを活用し、容易かつ便利にKTの防犯サービスを利用できるようになり、出入り口の開放、徘徊、窓侵入、異常気流の発生、温度変化の感知(火災警告)など多数の機能を搭載した。

GiGAeyes Active Sound Sensingはスタートアップ企業であるセキュリティワークスのサウンドセンサーを活用した。 KTは持続的に中小企業との多様な共存を通じて顧客に近付くサービスを作る予定だ。
top