LGディスプレイ、2四半期連続で営業赤字…"3四半期からOLED事業の成果期待"

박수정 기자

登録 : 2019-07-24 14:05 | 修正 : 2019-07-24 14:05

[LGディスプレイ、2四半期連続で営業赤字…"3四半期からOLED事業の成果期待"]



危機脱出を苦心してきたLGディスプレイが2四半期にも赤字の沼から抜け出せなかった。

LGディスプレイは2四半期の売上5兆3534億ウォンに営業損失3687億ウォンを記録したと23日、明らかにした。 2四半期の売上高は前期(5兆8788億ウォン)と前年同期(5兆6112億ウォン)比それぞれ9%と5%減少した。 営業赤字は1四半期(1320億ウォン)と前年同期(2281億ウォン)の赤字を合わせた金額に近い。

今回の赤字の原因としてLGディスプレイはパネル需要の萎縮やモバイル力量の強化によるコスト支出を取り上げた。 まず、米・中貿易紛争などマクロ経済の懸念で、流通会社とセット会社が購買を保守的に転換し、パネル需要の萎縮と価格急落が続いたという分析だ。 モバイル部門は事業力量の強化と未来準備過程での一回性の費用が反映され、営業赤字の幅が広がったという説明だ。

製品別の売上比重を見ると、OLEDが善戦した。 OLED TVの売上割合の増加で、TV用パネルが41%を占めた。 前四半期より5%ポイント増えた数値だ。 ノートパソコンとタブレット用パネルは22%、モニター用パネルが18%、モバイル用パネルは19%を記録した。 モバイル用パネルは季節性効果で、前四半期より6%ポイント減少した。

OLED中心の中長期投資の影響で、負債比率は142%、流動比率88%、順次金比率61%に増えた。

下半期の実績改善戦略も事業構造のOLED転換の加速化だ。 LGディスプレイのソ・ドンヒCFO(最高財務責任者)専務は"3四半期から広州OLED工場が量産を開始すれば、OLEDパネルの生産能力が現在の2倍近く拡大され、大型OLED事業成果がさらに強まるものと予想される"、"坡州(パジュ)のモバイル用プラスチックOLEDの新規工場も本格稼動に入る予定であり、亀尾(クミ)工場も複数の取引先の対象に供給が拡大される"と話した。 自動車用プラスチックOLEDも下半期に初製品を発売し、自動車用ディスプレイ市場の支配力をさらに強固にする方針だ。

2017年に始まった大規模な投資が今年完了し、下半期に大・小型OLEDの量産と市場に柔軟な体質改善で、2020年から意味のある成果を上げることができるという計算だ。

同日、LGディスプレイは坡州P10工場内の10.5世代OLEDに3兆ウォンの追加投資を発表した。 競争力のある生産性で、OLEDの主導権を固め、超大型・ローラブル・透明ディスプレイなど次世代技術で新たな価値を創出していく計画だ。
top