BIGBANGのD-LITEが所有するビルで違法営業疑惑浮上・・・遊興施設に性売春斡旋まで?!

양정미 기자

登録 : 2019-07-26 14:44 | 修正 : 2019-07-26 14:54

[写真=チャンネルA]


BIGBANGのメンバーD-LITE(テソン・30)所有のビルに関連して新たな議論が浮上した。

YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク前代表が立件された状況で、新たな疑惑が浮上したのだ。

25日、チャンネルAは「D-LITEが所有している江南(カンナム)のビルで違法風俗店が運営されているという事実を確認した。この場所で違法営業、売春斡旋まで行っているという状況を捉えた」と報じた。

また、「江南の真ん中にあるこのビルは、D-LITEが2017年に310億ウォンで購入したもので賃貸の収益だけで毎月約1億ウォンに達する」と伝えた。

これに対してD-LITEは、「この建物は私が軍入隊の直前に購入し、私の名義になっている。購入後すぐに入隊したため、管理に未熟な部分があったことについて深く謝罪する」と所属事務所を通じてコメントした。彼は「購入時に現在のテナントがすでに入っており、営業していたため、問題の店の違法営業について知り得なかった」と説明した。

一方、YGエンターテインメントはすでに元BIGBANGのV.Iによるクラブバーニングサンに関連した事件をはじめ、さまざまな疑惑をもたれている状況だ。D-LITEは昨年3月に入隊し、現在軍服務中だ。

 
top