コスピ、対外発の悪材料に2020台へ「急落」・・・コスダックは4%急落

양정미 기자

登録 : 2019-07-29 16:42 | 修正 : 2019-07-29 16:42

[写真=亜洲経済DB]


国内の株式市場が対外から始まった悪材料に29日、大幅に下落した。

同日コスピは前取引日より36.78ポイント(1.78%)下げた2,029.48で取引を終えた。

終値基準、去る5月29日(2,023.32)以後、2カ月ぶりに最も低い水準だ。

指数は前日より7.13ポイント(0.35%)下げた2,059.13で出発し、下落幅を育てた。

有価証券市場では個人と外国人がそれぞれ759億ウォン、638億ウォン分を売り越した。機関は1341億ウォンを買い越した。

大信証券のイ・ギョンミン研究員は「7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて模様眺めの心理が濃くなった中、SKハイニックスを中心の外国人の売りが出回った」とし、「米中貿易交渉に関連の米ホワイトハウスの国家経済会議(NEC)委員長、ラリー・クドロー氏とドナルド・トランプ米大統領の否定的な発言も投資心理に悪影響を与えた」と述べた。

時価総額上位の中では、サムスン電子(-2.23%)、SKハイニックス(-3.51%)、現代自動車(-1.92%)、現代モービス(-1.22%)、セルトリオン(-3.24%)、NAVER(-1.77%)、 POSCO(-1.72%)などが下落した。反対に、新韓持株(0.57%)とSKテレコム(0.20%)などは上昇した。 LG化学 [051910] は横ばいで取引を終えた。

コスダック指数は前日より25.81ポイント(4.00%)下げた618.78で引けた

終値基準で2017年4月14日(618.24)以来、2年3ヶ月ぶりの最低値だ。

指数は前日より1.25ポイント(0.19%)下げた643.34で出発し、下げ幅を育てた。

コスダック市場では、個人が7億ウォンを売り越した。外国人と機関は、それぞれ2億ウォン、6億ウォンを買い越した。

富国のイ・ウォン研究員は「日本が韓国を『ホワイトリスト』から排除しかねないという懸念に、ITや通信などの業種が多く下落してコスダックの下げ幅が大きかった」とし、「コスダックには相対的に零細企業が多く、株価が下落すると資本調達が難しくなるという点も否定的な要因」と説明した。
時価総額上位の中には、セルトリオンヘルスケア(-2.94%)、CJ ENM(-0.80%)、シルラジェン(-2.77%)、ヘリックスミス(-1.16%)、メディトクス(-0.45%)、パールアビス(-3.61%) 、ケイエムダブリュ(-3.93%)、スタジオドラゴン(-3.45%)などが下落した。一方、SKマテリアルズ(1.05%)とヒュジェル(4.12%)などは上昇した。
top