人事聴聞会、政局に戦雲が高まり・・・チョ・グク候補者の疑惑をめぐり与野党の大衝突予告
韓国党、人事聴聞会専担TF発足・・・12大不可論提示
公聴会の日程をめぐっても異見・・・ 19日に文議長の主宰で会合

양정미 기자

登録 : 2019-08-19 11:10 | 修正 : 2019-08-19 11:10

[写真=聯合ニュース(19日午前、ソウル鐘路区に設けられた人事聴聞会の準備事務室に出勤しているチョ候補者)]


7人の長官級人事聴聞会を控えて政界に戦雲が高まっている。人事聴聞会法に基づいて人事聴聞要請案送付された後、15日以内である今月30日前に7人の候補者の公聴会をすべて終えなければならない。

特に、チョ・グク(曺国)法務部長官候補者の人事聴聞会が最大の激戦地として浮上した中、落馬を引き出すという野党と防御に乗り出した与党の前哨戦が激しい。

18日、政界によると、チョ・グクの候補者の人事聴聞会をめぐる争点は、△韓国社会主義労働者同盟(社労盟)前歴 △私募ファンド74億ウォンの投資約定 △チョ候補者の妻の不動産偽装売買疑惑 △チョ候補者の実弟の偽装離婚と債務返済の回避疑惑 △偽装転入と総合所得税の遅刻納付議論などだ。

自由韓国党はチョ候補者の人事聴聞会を担当するタスクフォース(TF)チームを運営することにした。ナ・ギョンウォン(羅卿瑗)院内代表は同日午前、国会で開かれた人事聴聞会の対策会議で「法司委を中心に政務委員会と教育委など関連常任委員会はもちろん、党の法律支援団、メディア特委委員らもTFチームに参加する計画だ」とし、チョ候補者に対する「12大不可論」を発表した。

韓国党はチョ候補者一家の私募(プライベート)ファンド投資疑惑を集中攻略する方針だ。ナ院内代表は、「チョ候補者は犯罪者として疑われている」とし、「53億ウォンの財産よりも多い74億の約定投資、それさえも実際に10億だけを投資して資本市場法違反の可能性や変則贈与目的及び民情首席権限の濫用疑惑議論など、それ自体が不正と腐敗の塊」と批判した。続けて「民政首席の座を金儲けの手段にしたのではないか、そんな気がする」と述べた。

正しい未来党もチョ候補に対して「不可」の立場を明確にした。オ・シンファン(呉晨煥)院内代表は16日、 「チョ候補者が社会主義階級戦争を行動綱領に掲げた社労盟活動を、「経済民主化」運動だったと嘘をつくのは公職候補者として大変不適切な態度」と指摘した。

一方、共に民主党はチョ・グクの候補者に対する疑惑提起に「法的な問題がない」との防衛に乗り出した。イ・インヨン(李仁栄)院内代表は私募ファンド投資の議論について「(私募ファンド)約定が限度であり、その全額を投資したのではない」とし、「法的に問題がないことが確認されたため、そのことがチョ候補に対する決定的な欠陥があるとは考えていない」と一蹴した。

一方、与野党の院内代表は19日、ムン・ヒサン(文喜相)国会議長主宰の会合でチョ候補者をはじめとする長官候補者の人事聴聞会日程を調整する予定だ。
top