LG電子、「LGシネビーム」掲げ グローバル4Kプロジェクター市場への攻略強化

박수정 기자

登録 : 2019-08-26 15:08 | 修正 : 2019-08-26 15:08

[LG電子、「LGシネビーム」掲げ グローバル4Kプロジェクター市場への攻略強化]



LG電子が4K解像度を具現した「LGシネビーム」プロジェクター新製品を武器に、海外市場への攻略を加速化する。

LG電子は7月、国内市場に最初に発売した「LGシネビーム・レーザー4K」を今月、北米市場に続き、来月からドイツ、スペイン、オランダなど欧州主要国家に拡大して発売すると25日、明らかにした。

LG電子は米有名なビデオアーティストのDavid Van Eyssenと協業し、23日から24日(現地時間)までサンタモニカで「LGシネビーム・レーザー4K」などを活用したデジタルアート展示会プロジェクションを開いた。 ホームシネマコンセプトに合わせて家の中でも超大型・高解像度画面で生々しい作品を鑑賞できるように空間を作った。

LGシネビーム・レーザー4Kは4K解像度と2百万対1の優れたコントラスト比はもちろん、狭い空間でも最大120インチの超大型画面を具現する超段焦点技術を適用した。 製品とスクリーン間の距離によって、画面の大きさを調節することができるが、10cmだけ離れても100インチの大面を見せてくれる。

この製品はろうそく2700つを同時につけた明るさレベルの最大2700アンシルメンに達する。 周りが明るい環境でも、使用者ははっきりとした生き生きとした画質を鑑賞できる。

同製品は様々な便宜機能も備えている。 LGスマートTVに適用した独自プラットフォームウェブOSを搭載し、別途の周辺機器を連結しなくても、多様なコンテンツを超大型画面で楽しめる。
top