現代車、「モータースタジオ高陽」にAI案内ロボット3台導入

박수정 기자

登録 : 2019-08-26 17:32 | 修正 : 2019-08-26 17:32

[現代車、「モータースタジオ高陽」にAI案内ロボット3台導入]



現代(ヒョンデ)自動車は京畿道高陽市所在の自動車テーマパーク「現代モータースタジオ高陽」に顧客への応対に向けた人工知能(AI)音声認識案内ロボット3台を導入すると26日、明らかにした。

案内ロボットはLG電子の「CLOi」だ。 施設の位置、運営時間外のイベント、QRコードを通じた見積りなどについての案内を実施する。 写真撮影・共有サービスなども提供する。

例えば、顧客が案内ロボットに"CLOi、パリセードはどこにある?"と質問すると、案内ロボットは車が展示されている場所に移動し、顧客を案内する。 この過程で、パリセードのイメージや関連映像も見せてくれる。 案内ロボットを通じて撮影した写真は顧客の携帯電話、または電子メールに送信が可能だ。 すべてのサービスは韓国語はもちろん、英語と中国語でも支援される。

会社側は"職員の直接応対を好まない顧客に最適化されたサービスを提供するため、案内ロボットを導入した"とし、"今後、ロボットが収集したデータをもとに、顧客の車両選好度、人気のある施設物・プロモーションなど顧客選好度を分析し、顧客オーダーメード型サービスを提供する計画だ"と説明した。
top