CJグループの長男イ・ソンホ氏、「麻薬密輸」・・・後継構図も揺れるか
イ・ジェヒョン会長に継ぐ「長者承継」構図にブレーキ・・・長女イ・ギョンフ常務の再照明

양정미 기자

登録 : 2019-09-02 18:06 | 修正 : 2019-09-02 18:06

[写真=亜洲経済(CJグループのイ・ジェヒョン会長の長男イ・ソンホ氏)]


イ・ジェヒョンCJグループ会長の長男イ・ソンホ氏(CJ第一製糖部長)が麻薬密輸容疑で摘発された。長者承継の原則によってイ氏を中心に速度を上げていたCJグループの経営承継作業にブレーキがかかった。

2日、検察など法曹界によると、イ・ソンホ氏は去る1日、変種薬物である液状麻カートリッジ数十個を密搬入して麻薬類管理に関する法律違反の疑いで立件された。

米国から航空機に乗って仁川空港に到着したイ氏は、航空貨物の中に液状麻カートリッジを隠しては入り、空港税関に摘発された。検察が行った尿検査で大麻陽性反応も出た。

液状麻カートリッジは、現在、薬物容疑で裁判を受けるSKグループ、現代グループ創業者の孫が投薬したのと同じ種類の高純度変種薬物であると伝えられた。一般の大麻ではなく、大麻成分を濃縮して作った「高濃度液状麻」で、喫煙しても大麻特有のにおいがあまりしない。

CJグループとして経営承継作業が真っ最中の時、このような事件が発生したという点で困惑している様子だ。

イ・ジェヒョン会長は持病の慢性腎不全症と筋肉が萎縮する遺伝性疾患のシャルコー・マリー・トゥース病(CMT)を患っており、健康がよくない。2017年に経営に復帰した後、系列会社間の統廃合、海外買収合併(M&A)などを続けたのも経営権継承のための大々的な事業構造の改編として財界は解釈した。

特に5月、「CJオリーブネットワークス」の企業分割の発表が頂点だった。CJオリーブネットワークスは、イ・ソンホ氏と彼の姉、イ・ギョンフCJ ENM常務がそれぞれ17.97%、6.91%の株式を持っている。継承過程でこの会社は革新系列会社として挙げられてきた。

CJグループはCJオリーブネットワークを来る11月1日までオリーブヤングと情報技術(IT)部門に分離することにした。CJオリーブネットワークのIT部門はCJ株式会社との株式交換を経て、CJの100%子会社に編入する。

これにより、イ・ソンホ部長とイ・ギョンフ常務は、持株会社であるCJ株式会社の株式2.8%、1.2%をそれぞれ保有することになる。イ・ソンホ部長が持ち株会社の持分を保有するのは初めてだ。イ・ギョンフ常務の持株会社の持分も0.1%から1.2%に増える。

今年の年末、定期人事を通じてイ・ソンホ部長が役員に昇進し、自然に後継者の座を固めるという見通しも出た。ところが、CJオリーブネットワークスの企業分割手続きの完了を2カ月後に控えた時点で支障をきたすことになった。

先立ってイ氏と同じような液状大麻を投与したSKグループ3世のチェ某氏と現代家の3世のチョン某氏 は、先月開かれた結審公判で、それぞれ懲役1年6ヵ月に1000万ウォン追徴が求刑された。来る6日午後2時、仁川地方裁判所で公判が開かれる予定だ。

CJグループの関係者は、イ氏の麻薬密輸容疑と関連して「まだ捜査が進行中であるため、説明できる部分がない」と言葉を控えた。

ある財界の関係者は「イ・ソンホ氏と同じ液状大麻を投与したSKグループ3世のチェ某氏と現代家の3世チョン某氏は現在裁判中である。捜査の結果がどのように出ようと、すでに『陽性』の反応が出たためイ・ソンホ氏本人だけでなく、CJグループの企業イメージ低下も避けられない」と述べた。

一方、イ・ソンホ氏は米コロンビア大学を卒業し、2013年にCJ第一製糖に入社してバイオ事業チーム部長として勤務したが、最近、同じ会社の食品戦略企画1チームに移動した。

姉のイ・ギョンフ常務も米コロンビア大学で修士を終え、2011年にCJ株式会社の事業チーム代理として入社し、CJオーショッピングの商品開発、放送企画などを経た。2016年からCJ米国地域本部のマーケティングを務め、2017年3月に常務待遇、同年11月に常務に昇進した。

イ常務は2018年7月1日、CJオーショッピングとCJ E&Mの合併法人CJ ENMが発足すると同時にホ・ミンフェCJ ENM代表取締役直属TFに発令受けてブランド戦略などを務めている。





 
top