現代・起亜車、エコカー「7月にも」よく走った

박수정 기자

登録 : 2019-09-02 18:25 | 修正 : 2019-09-02 18:25

[現代・起亜車、エコカー「7月にも」よく走った]



現代・起亜車のエコカーの成長の勢いが激しい。 エコカーの競争力向上を目的に先制的な製品群の拡大に乗り出した戦略が合致したという分析だ。

1日、業界によると、現代・起亜車の7月のエコカーの国内外の販売量は1万3476台だった。 これは前年同期(5687台)比137%増加した数値だ。

プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、バッテリーの電気車(BEV)など電気自動車の出荷量は1万3068台で、昨年同期(5629台)より132%増えた。 現代車の水素燃料電池車(FCEV)であるネクソの販売量は408台で、前年同期(58台)より603%増加した。

電気車の中でPHEV販売量は4060台、BEV販売量は9008台へで、それぞれ258%、100%ずつ増加した。 会社側は"現代自「コナEV」の販売量が大幅に増え、全体の成長をけん引した"と説明した。

各社別の販売量をみると、現代車の7月のエコカーの販売量は7812台で、昨年同期(4201台)より86%増えた。 国内販売量は2116台で、前年同期(1605台)より32%増えており、海外輸出及び販売量も5696台で、120%も急増した。

起亜車の成長はさらに急増した。 7月のエコカーの販売量は5664台で、前年同期(1486台)より281%も急増した。 国内販売量893台、海外輸出および販売高4771台で、それぞれ123%、339%ずつ増えた。

今後の展望も肯定的だ。 現代・起亜車は2030年まで国内の水素電気自動車の50万台生産体制を整える計画だ。 研究開発(R&D)及び設備の拡大に7兆6000億ウォンの新規投資も断行する。 水素電気自動車などエコカーモデルは2025年まで44つに増やす予定だ。
top