先月の銀行、家計・企業融資の増加幅が拡大
家計向け融資7兆4000億ウォン増加・・・10カ月ぶりに最大幅
企業向け融資3兆5000億ウォン増え・・・中期融資は5兆4000億ウォン拡大

양정미 기자

登録 : 2019-09-11 16:40 | 修正 : 2019-09-11 16:40

[写真=韓国銀行提供]


先月、銀行界で扱った家計向け融資と企業向け融資の増加幅がすべて拡大された。

11日、韓国銀行が発表した「8月中の金融市場動向」によると、先月、家計向け融資増加額は前月比1兆6000億ウォン増えた7兆4000億ウォンと集計された。昨年10月(7兆8000億ウォン)以降、10カ月ぶりの最大増加幅だ。

融資別には、住宅担保ローン、その他の融資がすべて増加した。8月中に住宅担保ローンの増加額は前月比1兆ウォン増加した4兆7000億ウォンを記録した。ソウルのアパート(マンション)売買取引が増え、チョンセ(伝貰)資金貸付の増加が急増した影響であると分析される。

同期間、信用貸付、マイナス通帳融資などを含むその他の融資増加額は5000億ウォン増えた2兆7000億ウォンとなった。不動産融資規制の影響で住宅購入資金やチョンセ資金を信用貸付で調達しようとする需要が増えた影響だ。

8月の銀行界の企業向け融資増加額は前月比2兆ウォン増えた3兆5000億ウォンだった。大企業の融資残高は前月比1兆9000億ウォン減少したが、中小企業向け融資が5兆40000億ウォン増加し、全体の融資増加を牽引した。銀行界の中小企業向け融資のうち、個人事業者の融資は2兆7000億ウォンが増えた。

8月の銀行受信残高は前月より24兆8000億ウォン増えた。企業の法人税納付を控えて随時入出金式預金が14兆ウォン増加し、地方政府への資金流入などで定期預金も11兆ウォン増えた。

 
top