[週間展望台] FOMCに集中された関心、金融市場に追い風は続くか
0.5%p引き下げのとき、株式市場の海外資金流入期待

양정미 기자

登録 : 2019-09-16 23:55 | 修正 : 2019-09-16 23:55

[写真=聯合ニュース]


今週の韓国の金融市場は米連邦準備制度(FRB・Fed)の連邦公開市場委員会(FOMC)定例会議の結果などに注目するとみられる。17〜18日(現地時間)に開かれる9月のFOMC定例会議で基準金利を0.25%ポイント引き下げるだろうという見通しが高まっている中、一部では0.5%ポイント引き下げの可能性も出ている。

秋夕連休を控えた去る11日、ウォン・ドル為替レートは前日比2.3ウォン下げた1ドル当たり1191.0ウォンで取引を終えた。

米中貿易交渉が安定化の局面に入り、1200ウォン以上上昇した為替レートはある程度安定ムードに入ったという分析だ。全般的なリスク回避の緩和とともに米国の長期・短期金利の逆転が解消され、ウォン・ドル為替レートは継続的に1180ウォン台への進入を試みている。

しかし、今すぐに方向性を判断するのはまだ早いというのが専門家たちの分析だ。対外不確実性が完全に解消されていないだけに、下段が硬直しているからだ。ウォン・ドル為替レートに大きな影響を与える中国の人民元も貿易紛争が妥結しなければ、追加の強含みの傾向への転換は難しい状況だ。

ユアンタ(YUANTA)証券のチョン・ウォンイル研究員は、「対内的に8月の金通委での金利凍結と来年度の予算編成の期待感が、対外的には人民元の価値が再び高に反転しながらウォン高を見せている」とし、「FOMCの結果に基づいて為替レートの変動性が拡大する可能性がある」と述べた。

証券業界でもFOMC会議の結果に注目している。危険資産を好む心理が改善され、株式市場が4週連続上昇した中、追い風が吹き続ける良いイベントであるためだ。

市場ではすでに利下げへの期待感を反映しているだけに、0.5%ポイント引き下げの際、目に見える肯定要因として作用すると見込んでい入る。金利引き下げが株式市場の流動性拡大につながり、ウォン・ドル為替レートが1200ウォンの下で安定化の局面が続くと、韓国の証券市場への海外資金の流入が期待されるためだ。

一方、予想を覆してジェローム・パウエルFRB議長が追加利下げに懐疑的な立場を示せば、証券市場に否定的な影響を与える可能性がある。

キム・デジュン韓国投資証券研究員は「FOMCを控えて今週の初めは模様眺めの心理が強くなるはずだが、市場の方向性が変わることはないだろう」とし、「今週のコスピバンドを2000〜2080ポイントに提示する」と明らかにした。

 
top