機関・外国人の「買い」にコスピ2070.73で引け

양정미 기자

登録 : 2019-09-18 20:42 | 修正 : 2019-09-18 20:42

[写真=亜洲経済DB]


コスピが機関と外国人の買いに上昇して引けた。

18日、コスピは前日より8.40ポイント(0.41%)上がった2070.73で取引を終えた。この日の指数は、前日より2.09ポイント(0.10%)上がった2064.42で取引を始め、以降、騰落を繰り返したがすぐに上昇傾向を維持した。

有価証券市場では、外国人と機関がそれぞれ779億ウォン、886億ウォン分の株式を買い入れた。個人は唯一1614億ウォン分を売りさばいた。

時価総額上位のサムスン電子は前日より1.71%上昇した4万7700ウォンで取引を終えた。他にもSKハイニックス(1.01%)、現代自動車(1.19%)、ネイバー(2.58%)、現代モービス(0.60%)、セルトリオン(1.46%)、サムスンバイオロジックス(0.32%)なども上昇した。

コスダック指数は前日より0.84ポイント(0.13%)上がった645.12で取引を終えた。この日の指数は前日より1.97ポイント(0.31%)上がった646.25で取引を始めた。

コスダック市場では機関と個人がそれぞれ25億ウォン、623億ウォン分の株を買い越した。外国人は540億ウォン分の株を売り越した。

同日、コスダック市場ではCJENM(1.85%)、ケイエムダブリュ(0.97%)、パールアビス(0.78%)、スタジオドラゴン(2.31%)などは上昇した。

 
top