「スト」韓国GM労組、一ヶ月ぶりに団体交渉の再開

박수정 기자

登録 : 2019-09-19 15:54 | 修正 : 2019-09-19 15:54

[「スト」韓国GM労組、一ヶ月ぶりに団体交渉の再開]



2002年、米ゼネラル・モーターズ(GM)の買収後、初めて全面ストを行った韓国GM労組が会社側と1ヶ月ぶりに団体交渉を行うと明らかにした。

18日、全国金属労働組合の韓国GM支部は19日午後2時、仁川市の韓国GM本社で、韓国GMと9回目の賃金交渉団体交渉を進めると明らかにした。

韓国GMは同日午前、団体交渉を要請し、労組は執行部内部の議論を経て、これを受け入れることにした。 労使が団体交渉をするのは先月13日の8回目の交渉後、一ヵ月ぶりだ。

韓国GM労組はこれに先立ち、交渉決裂を宣言し、今月9∼11日に全面ストを起こしている。 労組は先月20日・21日・23日・30日には生産職と事務職組合員が参加する部分ストも進行した。 労組は先月22日からは生産職組合員の残業や特別勤務も拒否している。

韓国GM労組の関係者は"9回目の交渉で、会社側が明文化された交渉案を提示しない場合、追加交渉は必要ないと思う"、"交渉が決裂される場合、争議対策委員会を開き、今後の闘争の水位を決定するだろう"と説明した。
top