李在鎔、サウジ皇太子との会合…建設·エネルギーなど事業協力議論

박수정 기자

登録 : 2019-09-19 16:15 | 修正 : 2019-09-19 16:15

[李在鎔、サウジ皇太子との会合…建設·エネルギーなど事業協力議論]



李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長がサウジアラビア訪問中、 ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子兼副首相と会い、サウジとサムスングループの協力について話し合った。

18日、財界とサウジの国営SPA通信などによると、李副会長は17日、リヤドでムハンマド皇太子に会って、建設、エネルギー、スマートシティ、技術、産業など広範囲な分野の協力策について意見を交わした。 ムハンマド皇太子はサウジ王位継承順位第1位の人物だ。 会合にはサウジの政府関係者も同席した。

サムスン電子はこれに先立ち、李副会長が秋夕連休にサムスン物産が建設中のサウジアラビアのリヤド都心の地下鉄建設現場訪問のため、出張していると明らかにしたことがある。 李副会長の今回の訪問は建設現場で働いている現地の役職員を励ます一方、サウジとの協力をさらに強固なものにするための行動とみられる。

李副会長とムハンマド皇太子との出会いは約3ヵ月ぶりだ。 ムハンマド皇太子は6月末の訪韓の際、サムスングループの迎賓館である「承志園」で、李副会長をはじめ、国内5大グループのオーナーらたちと会って、世界経済懸案などについて意見を交換しながら、投資を要請したことがある。
top