「指の悪口」キム・ビオ、謝罪に謝罪を重ねても・・・優勝後の冷ややかな「ファン心」

양정미 기자

登録 : 2019-09-30 14:25 | 修正 : 2019-09-30 14:25

[写真=JTBCゴルフ放送(ギャラリーに向けて中指を立てたキム・ビオ)]


最も冷ややかな優勝セレモニーだった。韓国プロゴルフ(KPGA)コリアンツアーシーズン2勝を達成した日、重ね頭を下げ謝罪するのに忙しかった。優勝セレモニーのために右手をあげず、ギャラリーに向かって右手の中指を立てたせいだった。

29日、KPGAコリアンツアーDGBボルヴィック大邱慶北オープン最終4ラウンド。優勝を獲得したキム・ビオが頭を下げた。優勝を確定した最後の18番ホールのグリーンでも頭を深く下げ、優勝した後の公式記者会見場でも優勝の感想より謝罪ばかりで終わった。

この日キム・ビオは、6バーディーと2ボギーを叩いて4打を減らし、最終合計17アンダー271で優勝を獲得した。去る4月、NSホームショッピング群山CC全北オープン優勝に続き、今季2勝目だ。優勝賞金は1億ウォン。キム・ビオは今大会の優勝でジェネシス大賞ポイントでも1位にあがった。

コリアンツアー2010年大賞、新人王、最低打数1位などを席巻したキム・ビオは、米プロゴルフ(PGA)ツアーに進出したがコリアンツアーに復帰して通算5勝を収穫した。

しかし、彼は優勝をしても大きな非難を受けなければならなかった。事件は16番ホール(パー4)で起こった。1打差の単独首位を走っていたキム・ビオがティーショットのミスをした。スイング途中、ギャラリーの間で携帯電話のカメラシャッター音が聞こえたせいでドライバーを逃し、まともにショットができなかった。

その瞬間、キム・ビオはギャラリーに向かって中指を立てて悪口をした後、自分のドライバーを床に叩きつけるなど火がついたように怒った。この場面はテレビ中継画面を通じてそのまま生放送で中継された。

成熟していないギャラリー文化も問題だが、選手がギャラリーに向かって露骨に指で悪口をする行為は衝撃だった。さらにこの場面が家族皆が見るテレビで生中継され、眉をひそめさせた。同日、中継を務めたソン・ギョンソJTBCゴルフ解説委員は、「残念場面だ」と、「いくら腹が立つ状況でも自制すべきだった」と指摘した。

二番目のショットもミスを犯したキム・ビオは、怒りを飲み込んで三番目のショットを辛うじてグリーンに乗せた後、パーセーブに成功した。以後、平常心を取り戻した後、最後に優勝を成し遂げた。しかし、彼を待っていたのはお祝いではなく、非難の声だった。

キム・ビオは「あの時、すごく大変だった。体がとても苦しいとキャディーに訴えながら試合をしていた。優勝争いをしていたため敏感だった」と、「キャディーが静かにしてほしい、カメラを下ろしてほしいとお願いまでした」と当時の状況を説明した。続いて彼は「カメラのシャッター音が絶妙だった。むしろもっと早かったり遅かったらよかったのに…」と「ちょうどダウンスイングが降りる瞬間だった。止めようとしたが、ダメだった」と打ち明けた。

状況を説明後、キム・ビオは謝罪した。彼は「その瞬間、怒りを我慢できなかった。すべて私の過ちだ」とし、「私の行動は罰を受けなければならないと思う。そんな罰でも受け入れる」と頭を下げた。

ギャラリーの成熟していないマナーが問題になっても、キム・ビオの行動はプロの品位を忘却した見苦しい行為だった。彼は「指の悪口は特定の人を対象したわけではない、ただ音がした方向に体を向けて瞬間的にした行動だ」とし、「米国で幼い時同年代とゴルフをしたため、感情表現に率直な方だ。16番ホール以後、いろいろ考えた。もっと成熟した選手になりたい」と重ねて謝罪した。

しかし、彼がすでに犯した行動は、取り返しのつかない「希代の事件」になってしまった。KPGAは30日午後2時、賞罰委員会を緊急招集してキム・ビオの「指の悪口」行為に対する懲戒水位を議論する予定だ。

キム・ビオは今大会の優勝の感想については、「残りの3つの大会でもう一度優勝したい」とし、「ジェネシス大賞を受けたい」と意欲を示した。キム・ビオは今大会の優勝でジェネシス大賞ポイント1位に上がった。
 
top