女優キム・ヒエ、JTBC新ドラマ「夫婦の世界」で4年ぶりのドラマ復帰へ

양정미 기자

登録 : 2019-09-30 15:18 | 修正 : 2019-09-30 15:18

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@ajunews.com]


女優キム・ヒエ(52)が4年ぶりにドラマに復帰する。

JTBCは、女優キム・ヒエと俳優パク・ヘジュンが新金土ドラマ「夫婦の世界」の出演を確定し、本格的な撮影に突入すると明らかにした。

「夫婦の世界」は、愛と信じていたカップルの縁が裏切りで切れて、復讐の渦に陥るストーリーを描く。爆発する愛憎の中で死ぬほどの力を尽くしてお互いの首を締める夫婦の激しい復讐が盛り込まれる見込みだ。

特に、昨年最高の話題作に数えられる「ミスティ~愛の真実~」を通じて繊細かつ感覚的な演出を披露したモ・ワンイル監督が演出を引き受け、期待を高める。さらに、人物の内面を細かく表現するのに一見識があるチュ・ヒョン脚本家とクリエイターとして認められているカン・ウンギョン脚本家まで加わり、「ドリームチーム」を完成させた。

劇中キム・ヒエは、自力で成功した家庭医学科専門の「チ・ソヌ」役を演じる。彼女は、夫の裏切りを知って絶望の淵まで落ちたが、すさまじい復讐を誓う人物だ。富と名声はもちろん、変わらない夫の愛と期待に応える息子まで、すべてを持っていたチ・ソヌは、信じていた人々の骨の髄まで染みる裏切りによって、予期せぬ運命に突き進むことになる。

キム・ヒエの相手役は演技派俳優パク・ヘジュンが務める。彼は、チェ・ソヌの夫、「イ・テオ」に扮し、「1千万人監督」を夢見るが、現実には能力のある妻チ・ソヌの援助でエンターテインメント事業をやっと続けている人物に変身する。

一方、2人の演技派俳優が作り上げる期待作 「夫婦の世界」は、「梨泰院(イテウォン)クラス」の後番組として放送される予定だ。


 
top