SKテレコム、日本の楽天に5G網技術の輸出

박수정 기자

登録 : 2019-10-04 15:35 | 修正 : 2019-10-04 15:35

[SKテレコム、日本の楽天に5G網技術の輸出]



SKテレコムが日本の第4移動通信会社の楽天に5G関連技術を輸出することに成功した。

3日、IT業界などによると、SKテレコムは最近、楽天と5Gネットワーク技術の輸出契約を締結したという。

SKテレコムの5G網技術の輸出は最近、サムスン電子が日本の2大通信会社のKDDIに20億ドル規模と観測される5G設備を供給することにしたのに続き、行われたものだ。 今後、国内通信会社、装備会社、中堅企業が共に海外進出するのに貢献するものと期待される。

国内の移動通信会社が海外移動通信会社と5G技術輸出契約を締結したのは今回が初めてだ。 SKテレコムは輸出契約を通じて楽天に5Gネットワークの設計、5G通信品質の最適化ソリューション、5Gアンテナ・RF(無線周波数)中継技術などを伝授する。

楽天は日本最大の電子商取引会社で、昨年、第4移動通信の許可を取得した。 今年中に「楽天モバイル」を通じてLTEを発売し、来年6月、5Gサービスを開始する計画だ。

SKテレコムとの具体的な契約規模は公開されなかったが、楽天モバイルは今後、5Gインフラの構築に1946億円(約2兆1400億ウォン)を投資する計画だ。

楽天モバイルとともに、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなど日本4大移動通信会社は来年から5年間、約3兆円(約33兆3000億ウォン)を5Gに投資する方針であり、国内の5G技術の対日輸出が増えるものと見られる。
top