中小企業業界「スマート工場の実質的な支援が必要」
中企中央会、中小企業第4次産業革命委員会開催

양정미 기자

登録 : 2019-10-11 16:26 | 修正 : 2019-10-11 16:26

[写真=中小企業中央会]


中小企業中央会は11日、コエックスで中小企業第4次産業革命委員会を開催し、スマート工場の推進現況と発展方案について議論した。

この日発表者として乗り出したスマート製造技術革新推進団のパク・ハング団長は「現在、全国的に7903個のスマート工場が普及された」とし、「知識労働者の経験技術を商品化し、グローバル競争力で経済的価値を創出するためには、製造企業のスマート工場がもっと多く必要だ」と述べた。

推進団は △3万スマート工場普及および拡散事業達成計画 △国際標準基盤のスマート工場標準モデルの開発 △スマート工場の供給企業育成計画を共有した。

共生型スマート工場の代表的な優秀事例の企業人であるIRENOXのオム・ジョンフン代表は「スマート工場の導入で設備稼働率は30%増加、不良率は50%減少する成果を創出しており、毎年売上高と雇用が増加している」と明らかにした。

オム代表は「スマート工場の構築を直接進めてみた結果、複雑で使いにくいソフトウェア(S / W)の供給ではなく、実質的な支援がまず必要だ」と主張した。オム代表が挙げ実質的な支援は、△使用する可能性が高いシステム支援 △統合管理システムに提出する書類など支援手続きと実行プロセスなどの簡素化 △スマート工場構築の準備過程から発生する費用負担を支援することができる融資・投資プログラムの拡大 △共生型スマート工場の参加機関や企業に対するインセンティブ及び税制優遇措置の拡大 △中小企業の労働者に対する支援メリットの拡大などだ。

第4次産業革命委員会のユン・ヨドン共同委員長は、「中小企業の経営状況など現実を考慮した政策が不在という業界の意見があるだけに、DNA(Data、Network、AI)規制問題、人材育成など第4次産業革命の主要イシューに対する政策課題を発掘していく」と強調した。


 
top