ハ・オヨン、ユン・ソクヨル接待疑惑・・・「3人以上の核心証言ある」
「怖いけれど耐える」

양정미 기자

登録 : 2019-10-11 16:51 | 修正 : 2019-10-11 16:51

[写真=聯合ニュース(ユン・ソクリョル検察総長)]


ハンギョレ21のハ・オヨン記者は11日、ユン・ソクヨル(尹錫悅) 検事総長の「ユン・ジュンチョン接待」疑惑と関連し、「3人以上の核心関係者を取材し、彼たちの助けを受けた」と話した。

ハ記者はこの日CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」に出演し、「検察では非常に敏感に受け止められている部分が多数ある。取材員たちも保護しなければならない状況なので長くは申し上げにくい」と語った。

そして、「ユン・ソクヨルという名前をどこで見たか」という質問に「ユン・ジュンチョン氏の電話帳や押収された名刺、ダイアリーなどを再検討する過程で発見した」とし、「ユン氏を押収捜索する過程で確保した資料」と説明した。

続いて「当時、もう少し捜査をしっかり行ってたら、ユン・ソクヨルという名前が公開がされるべきだった」とし、「すでに過去事委でも発表をしたが、ハン・サンデ元総長を含め、他の名前も当時、言及がされるべきだった」と述べた。

ハ記者はユン総長が受けた接待が「性的接待」ではないと線を引いた。彼は「(性的接待)それについては私がなかったと申し上げなければならなち」とし、「性という言葉は登場しなかった」と明らかにした。

「ユン・ジュンチョンの供述に信憑性があるのか​​」という質問には、「これが嘘なのか真実なのかは検察が明かすべき問題だった」とし、「ユン・ソクヨル当時中央地検長、現在の検察総長に聞いて調査すべきだった」と述べた。

最後に、今回の単独報道と関連し「自信があるのか​​」という質問にハ記者は、「私は率直なのが最も強いことだと思う」と、「正直に言えば怖い。しかし、耐える」と付け加えた。
top