[グローバルマーケット] EU-英ブレグジットの劇的合意にニューヨーク株式市場のダウ0.09%↑
EU-英、ブレグジット合意妥結に小幅上昇
国際原油価格「ブレグジット合意が差し迫る」中、強含み

양정미 기자

登録 : 2019-10-18 14:13 | 修正 : 2019-10-18 14:13

[写真=AP・聯合ニュース]


17日(現地時間)、英国の欧州連合(EU)離脱、いわゆるブレグジット妥結で地政学懸念が後退し、ニューヨーク株式市場の主要な指数が上昇した。また、ネットフリックスとモルガン・スタンレーなど第3四半期の企業業績が好調を達成し、同日の買収をあおった。

◆企業業績・経済指標の好調にニューヨーク株式市場の上昇

同日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウ指数は前日より23.90ポイント(0.09%)上がった2万7025.88で取引を終えた。S&P500指数は8.26ポイント(0.28%)上昇した2997.95で、ナスダック指数は32.67ポイント(0.40%)跳ね上がった8156.85でそれぞれ取引を終えた。

モルガン・スタンレー、ネットフリックスの実績好調ニュースが好材料として作用した。前日、ネットフリックスが今年第3四半期に売上高52億ドルを上げ、歴代第3四半期業績の最大値を記録した。ネットフリックスは17日、今年第3四半期の売上高は52億ドルで、前年同期比31.1%増え、営業利益は同期間18.7%増加したと明らかにした。グローバル有料購読アカウントは前年同期比21.4%(677万人)増加し、1億5833万人を記録した。グローバル投資銀行モルガン・スタンレーも同日、債券取引と買収合併(M&A)の諮問活動の好調に支えられ、予想を上回る第3四半期の業績を発表し、株価が前日比1.5%上昇した。

一方、経済指標は不振ながら上昇幅を制限した。9月の産業生産は0.4%減少し、4月以来の大幅に下落した。製造業は8月に比べて0.5%下落した。ゼネラルモーターズ(GM)工場のストの影響で自動車生産が減少したことの影響を及ぼした。GMストは5週目に入ったが、労使が暫定合意に達し、近いうち終了する見通しだ。先週の新規失業手当の申請件数も4000件増加した21万4000件と把握された。

◆EU・英、「ブレグジット合意案」の承認…議会通過は未知数
英国と欧州連合(EU)がブレグジット(英国のEU離脱)の再交渉の末に合意に達したというニュースも株価上昇をもたらした。CNBC、AP通信など外信によると、英国とEU(欧州連合)がまとめた新しいブレグジット(英国のEU離脱)合意案が17日(現地時間)、ベルギー・ブリュッセルで開かれたEU首脳会議で全会一致で承認された。

これによって今回の合意案は公式的に批准のために英国議会に渡された。ボリス・ジョンソン首相は19日、英国議会で承認を試みると予想される。

EUと英国は同日の首脳会議の直前、北アイルランドに「二つの関税体系」を同時に適用することを骨子とするブレグジット合意案の草案に合意した。

この日、ドナルド・トゥスクEU首脳会議常任議長は記者会見で「合意案はEU単一市場の統合を保証すると同時に、EUと英国間の混乱と葛藤を避けるようにした」とし、「もはやボールは英国側に渡された」と述べた。

トゥスク議長は「今後どのようなことが起きるか分からない」とし、ブレグジットの追加延期要請がればどのように対応するか、加盟国と相談してみる」と明らかにした。また、英国のEU再加盟の可能性についても「扉は常に開いている」と付け加えた。

しかし、英国議会の批准までは難関が予想される。EU首脳は、今回の合意案が英国議会で可決することを望んでいるが、英国の野党はもちろん、英国政権保守党の連立政権パートナーとして英国下院の承認投票のカギを握った民主連合党(DUP)が反対の意思を明確にしているためだ。

◆国際原油価格、ブレグジット合意が差し迫った中で強含み

同日、米ドルは弱含みを示した。グローバル主要6通貨に対する米ドルの価値を示すドルインデックスは0.41%下落した97.60ドルを記録した。米国10年債の利回り(金利)も0.5bp落ちた1.75%を記録した。国債の利回りと価格は逆に動く。

米国より先に引けた欧州の主要株式市場も概ね下落で取引を終えた。汎欧州指数のユーロ・ストックス指数も0.30%下げた3588.62で取引を終了した。ドイツのDAX指数は0.12%下落した1万2654.95で、フランスCAC40指数は0.42%下げた5673.07で取引を終えた。一方、英国のFTSE100指数は0.20%上昇した7182.32で取引を終えた。

国際原油価格は上昇した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で11月渡しのウエスト・テキサス・インターミディエ(WTI)は、前日より1バレル当たり1.1%(0.57ドル)下落した52.93ドルで取引を終えた。ロンドンICE先物取引所の12月物ブレント原油は午後3時30分現在、1バレル当たり0.81%(0.48ドル)上がった59.90ドルを示した。

金価格も小幅上昇した。この日、ニューヨーク商品取引所で12月渡しの金は前日より1オンスあたり0.3%(4.30ドル)上がった1498.30ドルを記録した。
 
top