アシアナ航空、サンフランシスコ路線の45日運航停止…売上の減少は不可避

박수정 기자

登録 : 2019-10-18 15:04 | 修正 : 2019-10-18 15:04

[アシアナ航空、サンフランシスコ路線の45日運航停止…売上の減少は不可避]



アシアナ航空が7年間運航してきた米サンフランシスコ空港での着陸事故訴訟で最終的に敗訴し、運航停止が確定された。

アシアナ航空は6ヵ月内に仁川-サンフランシスコ直航路線の運行を45日間停止しなければならない。 今回の最終判決は金銭的な損失だけでなく、今後の売却過程にも否定的な影響を及ぼすものとみられる。

最高裁2部は17日、アシアナが国土交通相を相手に"運航停止の処分を取り消してほしい"として起こした訴訟の上告審で、原告敗訴判決を下した原審を確定した。

これに対し、アシアナ航空は入場文を発表し、“最高裁の判決を尊重する”とし、“顧客の不便が最小限に抑えられるよう、関係機関と緊密に協議する”と明らかにした。

さらに“新機材の導入、教育訓練投資など安全運航に万全を期しており、今後も安全運航のための努力を惜しまない”とし、“該当期間に他の路線の代替便の投入を準備中だ”と明らかにした。

サンフランシスコ路線はアシアナ航空内で収益性の高い路線とされる。 したがって、今回の運航中止による売上の減少は約110億ウォンと予想される。 アシアナ航空はサンフランシスコを含めた米州の長距離路線の強化に向け、同日までA350計10台を導入し、2025年までに計30台を導入する計画だった。 日本など赤字路線を整理する代わりに、収益性のある路線を拡張するためだ。

今回の運航停止の判決によってA350の運航と導入計画にも支障が生じるものとみられる。 アシアナ航空は現在、錦湖産業の主導で売却が進められている。 追加損失が売却過程で負担として働かざるを得ない状況だ。
top