相次ぐ悪材料にアシアナ買収、年内売却「不透明」・・・本入札も難航の見通し

양정미 기자

登録 : 2019-10-21 10:17 | 修正 : 2019-10-21 10:17

[写真=聯合ニュース]


相次ぐ悪材料にアシアナ航空の年内売却がますます不透明になっている。

山のような借金だけでなく、経営不振による問題が一つ二つ水面上に浮上しているからだ。このような状況で産業銀行をはじめとする債権団は本入札条件を予想より厳しく提示した状態だ。

20日、業界によると、去る18日、アシアナ旅客機が仁川空港で運航を準備していたところ、エンジンに火が付く事故が発生した。幸いなことに乗客が搭乗する前だったので怪我をした人はいなかったが、エンジンなど機体が損傷した。

現在まで正確な原因は明らかにされなかったが、アシアナ航空機の管理の問題がまな板の上に上がると予想される。最近、あまりにも多い老朽機を保有していると指摘を受けた状況なので、安全に関する全般的な点検が必要である見方が支配的だ。

先立って去る17日、アシアナは2013年、米サンフランシスコ空港の着陸事故後、政府が下した「路線45日運航停止」処分取り消し訴訟でも敗訴した。今回の判決でアシアナは、今後6カ月以内に運航停止を施行しなければならない。該当路線運休による売上高の減少は110億ウォンに達すると推定される。

先月には、「ゲートグルメ・コリア(GGK)」が最近137億ウォンの機内食代金をもらえなかったと国際仲裁委員会に仲裁を申請した。GGKはアシアナ航空機に数日間食事を載せず物議をかもした、いわゆる「機内食大乱」の原因を提供した企業だ。

航空業界の関係者は、「アシアナが国内2位の国籍航空会社として十分に魅力的な売物だが、長期間の経営悪化で様々な不安要因を抱えている」とし、「最近、アシアナの審査過程で情報提供の問題による不協和音が出ており、日程も少しずつ遅れている背景だ」と説明した。

適格買収候補(ショートリスト)である愛敬(エギョン)グループ、HDC現代産業開発・未来アセット大宇コンソーシアムなどが来月の本入札を控えて不満の示す背景だ。アシアナ本入札参加に少なくとも1兆ウォン台半ばの資金が必要なうえ、今後の正常化にも相当な輸血が必要になるとみられるからだ。これとは別に、9兆6000億ウォンに達する負債も抱え込まなければならない。

実際、産業銀行は本入札案内書に「対象新株引受代金総額の最低限度を金融支援実行金額の8000億ウォンに設定した」と明示した。アシアナ売却の主幹事であるクレディ・スイス(CS)は、最近、資格取得候補らにこのような内容を盛り込んだ本入札ガイドを配布した。本入札は来月7日に行われる。

問題は、債権団が今回の本入札案内書を通じてアシアナ支援資金の全額回収の意志を表わしたという点だ。債権団は去る4月のアシアナ売却発表直前、同社の5000億ウォン規模永久転換社債(CB)を買収し、3000億ウォン相当の保証信用状も与えた。計8000億ウォンで対象新株引受代金対象総額と同じ規模だ。

航空業界の関係者は、「アシアナが新株を通じて確保した資金全額を債権団の支援金返済に使うと、正常化はどのように進めるのか」とし、「今後、手続きを通じて最終買収者とある程度調整する必要があるとみられる」と述べた。

金融業界の関係者は、「事実上、当初言及された大企業がアジア買収戦に参加せず興行に失敗したという話まで出ている」とし、「このような状況で本入札も容易ではないと見られ、年内売却を完了することができるか疑問だ」と伝えた。

 
top