崔泰源“経営者が「革新のデザイナー」になるなければならない”…創意的思考の注文

박수정 기자

登録 : 2019-10-21 15:23 | 修正 : 2019-10-21 15:23

[崔泰源“経営者が「革新のデザイナー」になるなければならない”…創意的思考の注文]



SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長が関係会社の最高経営者(CEO)らに創意的に問題を解決するデザイン力量を発揮するよう注文した。 従来の慣行から脱し、ビジネスモデルと働き方を革新するためには慣れた考え方から脱する必要があるという点を強調したのだ。

崔泰源会長は18日、済州島で開かれた「2019年 CEOセミナー」閉幕演説を通じ、"今までCEOは決定権者・責任者として認識されたが、今後はディープチェンジの首席デザイナーとして位置づけられなければならない"と話した。

崔会長は"ビジネスモデルの進化・転換・拡張と資産の効率化、人的資本の確保などディープチェンジのすべての課題が挑戦的であるだけに、従来の慣れた考えで接近してはいけない"と新たな視点の必要性を力説した。

CEOセミナーはSKグループの各系列会社のCEOが集まり、翌年の経営戦略や方向性について討議する定例行事だ。 今年は16日から三日間、「ディープチェンジの実行、構成員たちが一緒に作る幸福」をテーマに行われた。

この席で崔会長は“成功したからといって幸せになるわけではないが、幸せになれば、成功する確率が高くなる”という「幸福経営の仮説」を紹介した後、“この仮説を成立させるためにはCEOらが引き続き専念しなければならない”と注文した。

また、“企業が利益を創出するために緻密な戦略を立てるよう、幸福を追求する際も精巧な戦略とソリューションが必要だ”とし、各社が樹立している「幸福戦略」を持続的に高度化するよう要請した。

崔会長は特に“不確実性の時代に企業の持続可能性を担保し、みんなの幸せを守るためには万全の準備をしなければならない”とし、“ディープチェンジを導くデジタル転換速度、そして人への投資を通じた人的資本の強化にSKの未来がかかっている”と述べた。

今年のCEOセミナーでは社会的価値がすなわち利害関係者の幸福であることを明示し、社会的価値に基づくビジネスモデル革新が必要であるという内容を含めることを検討した。

また、人工知能(AI)・デジタル転換の活用、社会的価値の推進などを通じ、顧客とビジネスポートフォリオを拡張する革新戦略を加速化することを決意した。 特に実践案である幸福戦略の実行と人的資本の強化に拍車をかけることにした。
top