「世界の工場」中国の製造業景気、6カ月連続萎縮局面(総合)
10月の製造業PMI 49.3…予期値に及ばず

양정미 기자

登録 : 2019-11-01 10:56 | 修正 : 2019-11-01 10:56

[資料=中国国家統計国(中国の月別製造業PMI推移)]


米国と中国の間の貿易戦争長期化の影響で、中国の製造業の景気が6カ月連続萎縮傾向を続けた。

31日、中国国家統計局は10月の公式製造業購買担当者指数(PMI)が49.3と集計されたと発表した。これは先月49.8と市場の見通し49.6を小幅下回ったもので、2月(49.2)以来最低値だ。

新規受注、出荷価格、在庫量などに対する企業を対象にアンケート調査をもとに算出される指標であるPMIが50を下回れば景気萎縮、50を上回ると景気拡大を示す。中国の公式製造業PMIは、今月で6カ月連続50に及ばず景気が萎縮していることを示した。輸出入受注、生産など増加傾向の鈍化が長期間持続していることによる結果だ。

詳細指標をみると、新規輸出受注指数と輸入指数がそれぞれ前月より1.2ポイント、0.2ポイント下げた47.0、46.9を示した。米中貿易戦争による打撃が反映されたという分析だ。

中国の交通銀行エコノミスト、劉學智氏は「最近、米中貿易交渉の進展ニュースは、製造業の景気にかなり肯定的に作用するだろうが、世界経済の下方圧力が強まり、需要もますます萎縮しているため、警戒心を緩めてはならない」と指摘した。

ブルームバーグも同じく世界経済と製造業景気が鈍化しているとし、米中貿易交渉が進展を見せても、当分の間は製造業のPMIが上昇に転じることは難しいと見通した。

この日一緒に発表された10月の非製造業PMIは52.8を記録した。9月の53.7よりは小幅下落したが、景気拡張局面を維持した。非製造業PMIはサービス業など非製造業分野の景気動向を反映する指標だ。

製造業と非製造業PMIをまとめた10月の総合PMIは52.0を示した。伝達値53.1であった。

中国国家統計局が発表する公式PMIは、主に大企業と国営企業を対象にアンケート調査を行った後、集計する。中小企業を対象とするCaixin中国製造業PMIは11月1日に発表される。



 
top