現代車の文化芸術パートナーシッププロジェクト、中国上海に拡大

박수정 기자

登録 : 2019-11-07 15:32 | 修正 : 2019-11-07 15:32

[現代車の文化芸術パートナーシッププロジェクト、中国上海に拡大]



現代(ヒョンデ)自動車は6日、海外文化芸術パートナーシップ活動を中国上海のYUZ美術館に拡張すると明らかにした。

現代車は2015年から米国LAのカウンティ美術館(以下、LACMA)とパートナーシップを維持している。 現代自は今後、LACMAとYUZ美術館が共同で設立した「YUZ財団」を中心に、展示とプログラムを運営する計画だ。

展示・プログラム・コレクション管理などはLACMAとYUZ美術館が共同で企画し、現代車は開幕展示をはじめ、展示後援、プログラム運営を進める。

7日にはLACMAとYUZ美術館が共同企画した初の展示が上海で開かれる。 視覚芸術、またはハリウッド映画の製作現場が20年間どのように変化したかを見せてくれる展示だ。 LACMAの所蔵品のうち、映画ㆍ映像分野と連携された現代美術作家24人の作品で構成された。 来年3月と5月には現代車の後援展示が行われる。

現代車は現代モータースタジオ・北京を通じてすでに中国内の革新的な文化芸術プログラムを披露している。 今後、上海でも様々な展示やプログラムを通じ、現地やグローバル顧客とのコミュニケーションし、特別な経験を提供する予定だ。
top