サムスン電子の半導体設備投資、インテルの1.5倍

박수정 기자

登録 : 2019-11-08 15:51 | 修正 : 2019-11-08 15:51

[サムスン電子の半導体設備投資、インテルの1.5倍]



サムスン電子の3年間の半導体設備投資(CAPEX)規模がインテルの1.5倍に達する見通しだ。 サムスン電子のメモリー「超格差」戦略とともに、システム半導体1位の達成を目標にした「2030ビジョン」宣言で、投資が続いたことによるのだ。

7日、グローバル市場調査会社のICインサイツの報告書によると、サムスン電子の2017年から今年まで半導体設備投資規模は658億ドル(約76兆3000億ウォン)を記録する見通しだ。

これは半導体設備投資規模2位のインテル(約430億ドル)より53%ほど多い水準だ。 中国のすべての半導体メーカーの投資金額を合わせたものの2倍に達する。

同期間、サムスン電子の半導体の売上高は証券街推定の約226兆ウォンで、インテル(約227兆ウォン推定)と同様のレベルになるとみられる。

ICインサイツは“サムスン電子が中国のメモリースタートアップを追い抜く一方、非メモリー強者のTSMCと競争するために真剣に悩んでいることを意味する”と分析した。

サムスン電子、インテル、TSMC、SKハイニックス、マイクロンなどグローバル半導体トップ5の設備投資規模は全体の68%を占め、歴代最も高い割合を記録する見通しだ。
top