現代商船、3四半期の営業損失466億ウォン…‘前年比765億ウォンの改善

박수정 기자

登録 : 2019-11-15 12:06 | 修正 : 2019-11-15 12:06

[現代商船、3四半期の営業損失466億ウォン…‘前年比765億ウォンの改善]



現代商船が3四半期の業績改善に成功した。 依然として営業損失を記録しているが、昨年同期に比べ、損失幅を縮小した。

14日、現代商船は実績発表を通じて3四半期の売上1兆4477億ウォン、営業損失466億ウォンを達成したと明らかにした。

3四半期のコンテナ部門はオンシーズンの物流量確保のためのグローバル船社の供給過剰と運賃競争で、コンテナ運賃総合指数(SCFI)が10%下落し、市況回復が遅延された。 米中貿易紛争、ブレックシート、日本の輸出規制などグローバル交易環境まで不安定だったが、売上は前年同期比で小幅増加した。

コンテナ部門は効率的な船隊管理、高収益貨物の確保、貨物費などコスト削減、付加収益の発掘などで、前年同期比383億ウォン損益改善された。 バルク部門は当社の新造VLCC 5隻の投入や市況の急変による運賃の急騰現象で、266億ウォンの黒字転換を達成した。

SCFIの10%下落にもかかわらず、営業利益が改善されたのは2四半期から施行されているTDR(Tear Down and Redesign、費用は削減して収益を増やすための一連の作業)活動強化の影響が大きいという分析だ。

4四半期はコンテナ部門の季節的なオフシーズンだが、最近遅延されたオンシーズン効果と2020年の春節に備えた取扱量の増加を予想している。

現代商船は"2020年4月、「THEアライアンス」体制転換のための営業や行政実務作業の進行、今後の共同運航など費用構造改善と航路の多角化を通じた良質のサービスを企画する"と明らかにした。
top