ジンエアー、3四半期の営業損失131億ウォン…「日本・国土省の制裁」影響

박수정 기자

登録 : 2019-11-15 16:07 | 修正 : 2019-11-15 16:07

[ジンエアー、3四半期の営業損失131億ウォン…「日本・国土省の制裁」影響]



ジンエアーの今年3四半期の売上高・営業利益・当期純利益がも昨年同期より減少した。

ジンエアーは3四半期連結基準の営業損失が131億ウォンで、昨年3四半期より388億ウォン減少したと14日、明らかにした。 当期純損失も181億ウォンで、昨年同期より368億ウォン減少した。 売上高も2239億ウォンで、昨年同期より減った。

ジンエアーは2四半期の営業損失266億ウォンに続き、3四半期にも赤字を続けた。 ジンエアーの今年3四半期までの累計経営実績は売上高7280億ウォン、営業利益113億ウォン、当期純損失107億ウォンと集計された。

ジンエアーは日本旅行心理の悪化による日本地域の供給縮小と売上減少などを実績悪化の原因と分析した。 また、4四半期にも日本需要回復の不確実性が持続され、東南アジア地域の供給集中による競争激化が続くものと予想した。

ジンエアーの関係者は"国内線の増便、人気路線の週間便の運航の拡大など機材の運営効率性を強化する"とし、"9月、国土交通省に最終報告書の提出及び公式解除の要請など持続的に制裁解除に努力中"と伝えた。
top