LG化学、“SKイノベーションが組織的に証拠隠滅する”…ITCに早期敗訴判決など強力な制裁要請

박수정 기자

登録 : 2019-11-15 17:54 | 修正 : 2019-11-15 17:54

[LG化学、“SKイノベーションが組織的に証拠隠滅する”…ITCに早期敗訴判決など強力な制裁要請]



LG化学はSKイノベーションが組織的かつ体系的な証拠隠滅行為を続けてきたとみられるとし、米国際貿易委員会(ITC)に「SKイノベーションの早期敗訴判決」など強力な制裁を要請したと明らかにした。

14日、LG化学によると、SKイノベーションはITCで進行中の「営業秘密侵害」訴訟の「証拠開示(Discovery)」過程で、広範囲な証拠隠滅、法廷冒涜行為などが明らかになったとし、このように主張した。

これと関連し、LG化学が提出した67ページ分量の要望書と94つの証拠リストが13日(現地時間)、ITCのホームページを通じて公開されたと伝えた。

公開された内容によると、LG化学はSKイノベーションが証拠保存の義務を無視した組織的で広範な証拠隠滅行為およびITCのフォレンジック命令を守らない「法廷冒涜」行為があると強調した。

LG化学はITCにSKイノベーションの「敗訴判決」を早期に下したり、SKイノベーションがLG化学の営業秘密を奪取して研究開発、生産、テスト、受注、マーケティングなど広範囲な領域で使用していたことなどを認めてほしいと要請した。
top