KT、20兆のVR市場を狙う…高速バス専用のスーパーVRサービスを開発

박수정 기자

登録 : 2019-11-19 11:54 | 修正 : 2019-11-19 11:54

[KT、20兆のVR市場を狙う…高速バス専用のスーパーVRサービスを開発]



KTが錦湖(クムホ)高速とともに、「高速バスVRサービス」を開始する。 両社はプレミアム高速バスの中で楽しめるVR(仮想現実)エンターテインメント」サービスを共同で推進する計画だ。 KTはVR生態系を造成するため、協力先を増やしている。

KTと錦胡高速は18日、ソウルのKT光化門ビルで、「高速バスVRサービス事業推進に向けた業務協約」を締結した。

KTは高速バス専用のスーパーVR商品の開発を担当し、バスの中で視聴するのに適したVRコンテンツに再構成する。 錦湖高速は搭乗客を対象に高速バスVRテストサービスを運営し、国内の主要高速バス事業者向けにスーパーVRサービスを流通するなど事業拡大を支援する。

両社は28日からソウルと光州(クァンジュ)区間を運営する錦湖高速プレミアム高速バスに10台のスーパーVR端末を備置し、搭乗客に無料サービスを提供する予定だ。 テストサービスを利用する顧客たちは80本余りの最新映画を高画質の大画面で鑑賞することができるし、スポーツ・公演・芸能ジャンルのVR映像とゲームを楽しむことができる。

KTはテストサービスを通じて把握した顧客ニーズを反映し、高速バス専用のスーパーVR商品のコンテンツ製品群を精巧化し、高速バスでスーパーVRサービスが提供できるよう規模を拡大していく方針だ。
top