双竜車、地獄のレース「ダカールラリー」3年連続「完走への挑戦」…今回はコランド

박수정 기자

登録 : 2019-11-19 16:20 | 修正 : 2019-11-19 16:20

[双竜車、地獄のレース「ダカールラリー」3年連続「完走への挑戦」…今回はコランド]



双竜(サンヨン)自動車が「地獄のレース」と呼ばれるオフロード自動車競走大会「ダカールラリー」の完走に再び挑戦する。

双龍車は来年1月、サウジアラビアで開かれる2020ダカールラリーに準中型スポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)「コランドDKR」で参加すると18日、明らかにした。

双龍車は12日、スペインのマドリードでダカールラリーで走るコランドDKRを公開している。 双龍車は2018年には小型SUV「チボリDKR」、2019年準大型SUV「レクストンDKR」で参加した。

中東地域で12年ぶりに開催される2020ダカールラリーは来年1月5日から17日までサウジアラビアの紅海沿岸のジッダから首都リヤドの間の約1万2000キロに達する12つの険しい区間で繰り広げられる。

双龍車はチボリデザインベースの後輪駆動ラリーカーのチボリDKRで2018ダカールラリーに挑戦して初めて完走に成功した。 92チームのうち、半分以上が途中脱落した中、T1-3カテゴリー(二輪駆動ガソリン自動車)4位、自動車部門の総合順位30位を収めた。

今年はレクストンデザインベースの後輪駆動ラリーカーびレクストンDKRで参加し、T1-3カテゴリー3位、自動車部門の総合順位33位に上がった。

来年の大会に乗り出すコランドDKRは今年初めに発売されたコランドデザインベースに改造した後輪駆動ラリーカーで、出力450馬力、最高速度195Km/hの6.2L V8ガソリンエンジンが搭載された。
top