青瓦台、NSC常任委開催・・・ジーソミア終了について最終的な議論をするよう
23日0時の時限を控え、最終入場を決めるよう
金鉉宗訪米結果も共有予定に予想
終了時まで文大統領が悩み続ける可能性も

양정미 기자

登録 : 2019-11-21 17:21 | 修正 : 2019-11-21 17:21

[写真=聯合ニュース]


韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA・ジーソミア)終了期限を翌日に控えた中、青瓦台(大統領府)が21日午前、鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員会を招集し、会議中であることが伝えられた。

青瓦台は韓国政府のジーソミア終了決定が日本の対韓輸出規制強化措置から始まったという立場であるだけに、最終終了を予想する雰囲気が優勢だ。これと関連し、同日の会議で青瓦台と政府が最終立場をまとめるという観測が提起される。

先立って文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、「国民との対話」で「安保上、(韓国を)信頼できないとして軍事情報を共有しようとするのは矛盾する態度」としながらも、「最後の瞬間まで終了事態を避けることができる努力をしていく」と言及した。

最終期限である23日0時まで、日本の態度に変化かあるかどうかを注視するという意味で解釈される。

実際に韓日両国政府は、最後まで水面下での交渉を続けているいるという。

NSCが会議の結果を文大統領に報告し、文大統領が最終決定に先立って苦心すると予想される。

さらに、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)青瓦台安保室第2次長が18日、極秘で米国を訪問し、この日に帰国して訪米結果についてNSCで共有するものと予想される。これについても文大統領に公式報告されるだけに、米政府と朝野情勢もジーソミア終了の可否判断に影響を与えるとみられる。
top