金正恩、文大統領の「韓・ASEAN招待」親書に「参加理由が見つからないと拒絶」(総合)
朝鮮中央通信 「金正恩、文大統領から釜山招待の親書を受けたが断った」
「北南関係に懐疑的、両国首脳が会う時かを考えなければなら…南の誠意はありがたい」
文大統領、金正恩釜山招待の親書を送った後、特使訪問要請も伝達し
専門家「北の答申水位、以前より低くなり…文大統領の真正性に肯定評価が注目」

양정미 기자

登録 : 2019-11-22 11:21 | 修正 : 2019-11-22 11:25

[写真=聯合ニュース・ロイター]


文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に今月25日、釜山で開かれる韓・ASEAN特別首脳会議に招待する親書を送った。しかし、北朝鮮側は「参加しなければならない理由が見つからなかった」と文大統領の招請を拒絶した。

北朝鮮の官営メディア朝鮮中央通信は21日、「去る11月5日、南朝鮮の文在寅大統領が金委員長に今回の特別首脳会議に出席してくださること心から招待する親書を丁寧に送ってきた」と報道した。

通信は、文大統領の招待に金委員長に対する真の信頼感と誠意のある期待が込められているなら、ありがたく思わない理由がないと伝えた。また、今回の韓・ASEAN特別首脳会議を南北関係の改善の機会にしようとする文大統領の苦悩と煩悶を十分に理解していると述べた

そして、「それは文在寅大統領の親書が届いた後にも、何度も国務委員長がいらっしらなかったら特使でも訪問できるようにしてほしいという切実なお願いを送ってきたことだけを見てもよく分かる」と説明した。

これは、韓国政府が金委員長の韓・ASEAN特別首脳会議の参加だけでなく、特使訪問も要請したことを意味する。

これについて慶南大学のイム・ウルチュル極東問題研究所教授は、「北朝鮮は米国であれ韓国であれ、政治的に利用される状況にこれ以上応じないという明確な立場を再確認している」と分析した。

ただ、イム教授は「北側が、文大統領が招待は拒否したが、南北関係を改善しようという文大統領の真正性を肯定的に評価したことに注目しなければならない」とし、「北朝鮮が提示した条件と環境をどのように改善していくのかについて、私たちの努力と成果に南北関係の正常化の可能性がかかっている」と見通した。

しかし、通信は「曇りきった南側の空気は、北南関係に対して非常に懐疑的だ」とし、韓国側が南北間の問題を民族協力ではなく、外勢依存で解決しようとしていると指摘した。また、キム・インチョル統一部長官の米国訪問と、前回の首脳会談で約束したことが一つも実現されなかったと皮肉った。

通信は「今この瞬間にも『統一部』長官という人は、北南関係の問題を持って米国への物乞い行為をしている」とし、「そもそも自主性も独自性もなく、すべてのものを外勢の手に完全に押し付けている相手と、向かい合って何を議論し解決できるだろうか」と問い返した。

北側は「どんなことでもタイミングと場所があり、入るところと出るところが別にあるわけだ。果たして今の時点が北南首脳が会う時期であるのかについて考えてみないといけない」とし、南北首脳会談に懐疑的な反応を見せた。

通信は「犯した過ちに対する反省と申し訳ない気持ちで三顧の礼を尽くしても足りない局面に、民族の運命と将来の問題には何の関心もない他国の客を招待して、彼らの面前で北と南のどんな姿を見せたいのか問わざるを得ない」と批判した。

通信は「何事もうまくいくには、タイミングと場所を賢明に選択しなければならない。こんな理知も知らない相手と数百回会ったとしても、どんな良い結果を出せることができだろうか」と、「不毛の精神的土壌に自主的決断がいつ芽生えて育つかを忍耐強く見守るしか他の方法がありそうにない」と説明した。

そして最後に「南側の期待と誠意はありがたいが、国務委員長が釜山に行かれるべき正当な理由が見つからなかったことについて理解してほしい」と招待を断る意思を明確に伝えた。

北朝鮮大学院大学のヤン・ムジン教授は、「大統領の招待について答えるには、金委員長が直接答申することが関係」とし、「直接答申は簡単にして、具体的な立場を朝鮮中央通信を通じてすることはできる」と述べた。

ヤン教授は、「とにかく答えを送った。内容も今まで出した対南批判の水位と比べると非常に低い方だ」とし、「状況悪化よりは状況管理に重点があるようだ」と解釈し、「北朝鮮の対南戦略が通米封南ではない先米後南 の戦術が表れている」と付け加えた。

また、「文在寅政府が民族自主の原則を遵守し、他の一方で米国の算法転換のためにもっと多くの努力をしてほしいという要求も込められている」と述べた。



 
top