「ジーソミア終了D-1」・・・青瓦台、終了を決めて余波最小化に苦心
靑、「日本の立場変わらず」NSC開きジーソミア終了を決めるよう
金鉉宗次長、最近極秘訪米…NSCで結果を共有したもよう
「韓日葛藤の深化 - 米国發請求書」など余波の最小化に重点
「韓、消迷子終了覆すいう内外説得力を離れて
「康京和、日本・名古屋G20会議の出席に苦心…「成果なくても行かなければ」

양정미 기자

登録 : 2019-11-22 15:25 | 修正 : 2019-11-22 15:25

[写真=聯合ニュース]


韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA・ジーソミア)を終了するかどうかをめぐって最後まで苦心を続けてきた政府が、結局、強行手続きに突入したことが21日、明らかになった。

韓国政府はジーソミアカードで日本の対韓経済報復撤廃を要求したが、日本が何の返事もないため、結局は終了手続きを踏むと伝えられた。これにより青瓦台(大統領府)と政府は、ジーソミア終了が今後、韓日及び韓米関係に及ぼす影響を最小化することに注力するとみられる。

◆靑、「日本の立場変わらず」NSC開きジーソミア終了へ

青瓦台は同日午前、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員会の会議を開催し、ジーソミア終了と関連した政府の最終立場を整理したと伝えられた。通常NSCは毎週木曜日の午後に開かれるが、この日は異例の午前に開催された。

青瓦台によると、常任委員は韓日間の懸案を解決するための政府の外交的努力を検討し、主要関係国との緊密な協議を続けていくことにした。また、これと関連した様々な状況に備える方法についても議論した。

日本が輸出規制強化措置を先に撤廃する場合、ジーソミア延長を再考できるという韓国側の立場に、日本は輸出規制強化措置とジーソミア終了は何の関連もないと主張しながらジーソミア効力喪失(23日0時)が目前に迫ったこの日まで何の態度の変化を示していない。

これに対して青瓦台は、ジーソミア終了の決定を覆すほどの名分が全くないと判断し、これを強行する方向で最終立場を決めたと伝えられた。

ただ、終了期限までまだ一日が残っており、韓日両国間の水面下での交渉が進行中であるだけに、ジーソミア終了を最終的に公式化するより、韓日葛藤及び米国の反発深化などの影響を減らすことができる方案を設けるために没頭しているという。

外交界がによると、安倍晋三首相は前日の首相官邸で日韓議員連盟の河村建夫幹事長に「(ジーソミア終了について韓国と)協議を続けている。まだあきらめる段階ではない」と耳打ちし、韓日当局間のジーソミア問題をめぐって協議を進めていることをほのめかした。

また、 金鉉宗(キム・ヒョンジョン) 青瓦台国家安保室第2次長が18日、極秘で米国を訪問し、ホワイトハウス官僚にジーソミア終了と関連した韓国側の立場を説明しながら最後の外交戦を繰り広げたことが分かった。金次長は同日NSCで、今回の訪米結果について共有したものと観測される。

一部では、青瓦台がジーソミア終了を猶予することで、日本にボールを渡す一方、米国をなだめるのに乗り出すかもしれないという可能性も提起された。

高麗大学のイ・シンファ政治外交学科教授は、「現在、日本を動かせる国は韓国ではなく、米国だ」とし、「一時的なジーソミア延長を通じて米国が日本に輸出規制強化の措置を解除せよと圧迫するように、米国カードを逆利用しなければならない」と主張しした。

ただ、韓国政府がジーソミア終了を覆すには名分がないだけでなく、政策基調上、一貫性を見せていないという批判が出るかもしれないという憂慮も提起された。

外交部傘下の国立外交院のチェ・ウンミ日本研究センター教授は、「ジーソミア終了を猶予するには対内外的に説得力が欠けている状況」とし、「米国の圧力にジーソミア終了の決定を覆すには、政策の一貫性を失うという点で負担が大きい」と判断した。

◆「韓日葛藤の深化 - 米国發請求書」など、影響の最小化に重点

結局、ジーソミアがそのまま効力を失った場合、韓・米・日3角の安保協力は事実上、無用の長物になる見通しだ。これとともに韓国の今後の対日・対米外交に難航が予想される。

ジーソミアが終了すれば韓・米・日の情報共有約定(TISA)がこれに代わるものとみられる。しかし、TISAは米国を通じて韓国と日本が北朝鮮の核・ミサイル情報を共有する約定で、韓半島の有事時、韓・米・日3カ国間の迅速な情報交流が難しいという限界を持つ。

また、日本が米国をはじめとする国際社会を相手に、韓国に対して安全保障協力に非協力的だと批判しながらも、自国の輸出規制強化は妥当な措置であったと世論戦を繰り広げる可能性もあり、韓国外交に負担の変数になる見通しだ。

ジーソミア終了をテコに舞い込む米国発請求書も問題だ。特に、米国が現在進行中の第11回在韓米軍防衛費分担金特別協定(SMA)の交渉で分担金を大幅に増額しなければならないと圧迫する中、韓国のジーソミア終了で韓半島の防衛費用がさらに増えることになったと表明し、もっと強硬な態度で交渉に臨むことができる。米国が在韓米軍削減および撤収カードまで取り出す恐れがあるという懸念の声も存在する。

結局、このような日本発の対外リスクと米国の反発などを最小化するために、ジーソミア終了後、主要な外交安保関係者が熾烈な外交戦を繰り広げ中ればならないという指摘が出ている。

特に康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が22〜23日、日本の名古屋で開催される主要20カ国(G20)外交長官会議(外相会議)に出席するか悩んでいる中、康長官が結果と関係なく対日外交戦に最善を尽くさなければならないという助言が提起される。

イ教授は、「ジーソミアが終了するかどうかと関係なく、康長官が日本を訪問するのが望ましい」とし、「成果なしで戻ってきたという批判に耐えながらも、日本の茂木敏充外相と会って外交的努力を尽くさなければならない」と述べた。

康長官がG20外相会議に出席する場合、茂木外相と晩餐をし、米国のジョン・サリバン副長官とデービッド・スティルウェルは、東アジア・太平洋担当の国務次官補とも会合し、3カ国の様々な懸案について議論するものと予想される。









 
top