日本の外務次官「ジーソミア発表、申し訳ない」韓国に謝罪・・・嘘バレ

양정미 기자

登録 : 2019-11-26 20:04 | 修正 : 2019-11-26 20:04

[写真=聯合ニュース(23日、条件付きのジーソミア終了延期直後、日本・名古屋観光ホテルで開かれた韓日外交長官会談で茂木敏充日本外相と康京和外交部長官が握手している)]


韓日軍事情報保包括護協定(GSOMIA・ジーソミア)条件付き終了延期と関連して、「譲歩がなかった」としていた日本が、一歩遅れて韓国側に謝罪した事実が明らかになった。

26日、複数の政府関係者によると、外交部は駐韓日本大使館政務公使(政治部長)を呼び込んだ。日本経済産業省が「半導体関連3品目の輸出規制とホワイトリストを除く措置に直ちに変化はない」と発表したことに対して抗議しようとしたのだ。

これに対し、日本大使館政務公使は経産省の発表について「申し訳ない」と謝罪し、個人ではなく、日本の外務省次官のメッセージと明らかにしたと伝えられた。

それでもかかわらず、日本側が関連事実を否認したという報道が出ると、ユン・ドハン青瓦台(大統領府)国民疎通首席は25日、書面ブリーフィングで「日本側は確かに謝罪した」としm「日本側が謝罪したことがないのなら、公式ルートを通じて抗議してくるだろう」と主張しした。

ユン主席の言葉通り、現在まで日本政府から韓国の指摘に対して公式的に抗議が入ってきたのはないと確認された。
top