教育部「修能成績の事前流出・・・非正常接続者を業務妨害で処罰」
浪人生など過去に受験を受けた学生の一部、本人の点数を確認…評価院、本日公式発表

양정미 기자

登録 : 2019-12-02 16:53 | 修正 : 2019-12-02 16:53

[写真=聯合ニュース]


2020年度大学修学能力試験(修能・センター試験)の成績を公式通知する前に、一部の受験生が修能の成績を事前に調べて分かったことについて、教育部が事前成績流出を公式的に認めた。

教育部のソン・グンヒョン大学入試政策課長は2日、「(韓国教育課程評価院から)ハッキングではないと報告を受けた」とし、「浪人生たちに限って本人の点数が確認された部分はある」と明らかにした。

ソン課長は「事前模擬テスト期間中に接続されたものと見られる」とし、「ログオンの記録が残るため、最初に異常接続された時点は去る1日夜に確認された」と説明した。

続いて彼は「非正常な接続者に対しては、評価院の業務妨害が証明されれば処罰する」とし、「韓国教育課程評価院も当然、管理に責任を問うだろう」と述べた。

去る1日、受験生が利用するオンラインコミュニティには、2020年度の修能成績を事前に確認することができるという書き込みが掲載され、浪人生を含む一部の受験生が成績を確認した。修能成績の照会には公認認証書のログインが必要なため、本人以外の流出はなかったとみられる。

韓国教育課程評価院は2日中に公式的な立場を発表する予定だ。
 
top