[ニューヨーク株式市場] トランプ氏の南米関税爆弾に3大指数一斉に下落
ダウ0.96%下落

양정미 기자

登録 : 2019-12-03 08:57 | 修正 : 2019-12-03 08:57

[写真=AP・聯合ニュース]


米国の製造業指標が再び警告音を鳴らし、ドナルド・トランプ米大統領がブラジルとアルゼンチン産の鉄鋼、アルミニウムに関税再開を宣言したことが悪材料として作用し、2日(現地時間)、ニューヨーク株式市場の主要指数がすべて大幅に下落した。

この日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウ指数は0.96%落ちた2万7783.44で引けた。S&P500指数は0.86%下落した3113.87で、ナスダック指数は1.12%下げた8567.99でそれぞれ取引を終えた。

取引直前、トランプ大統領が通貨切り下げを理由にブラジルとアルゼンチン産の鉄鋼やアルミの関税に対する関税を再起動することにしたというニュースが投資心理を冷却させた。ブラジルとアルゼンチンは2018年5月から鉄鋼およびアルミニウムに対する高率関税を免除されてきた。

中国との貿易交渉に対する不確実性も続いた。中国の華春瑩外交部報道官は2日の定例ブリーフィングで、中国がこの日からしばらく米国の軍艦と艦載機の香港入港を許可せず、香港デモと関連し立場を出した一部の非政府組織(NGO)を制裁すると明らかにした。トランプ大統領が香港人権および民主主義法案(香港人権法)に署名したことに対する対応反発措置とみられる。

ホワイトハウスのケリーアン・コンウェイ大統領顧問は同日、記者たちと会った席で、今年中に米・中第1段階の貿易合意が実現できると明らかにしたが、中国が既存の関税撤回を強く求めており、妥結が容易ではない状況であると伝えられた。

米製造業指標の予想外の悪化も株価下落に重きを置いた。供給管理者協会(ISM)が発表した11月の製造業購買担当者指数(PMI)は48.1と集計され、4カ月連続の景気萎縮を続けた。専門家の予測値である49.2にも及ばなかった。

種目別では、アマゾンとインテルが並んで1%前後に下落しながらナスダック指数の下落を主導した。インテルは、スマートフォンモデムビジネス部門をアップルに10億ドルで売却を終了したと発表した中、下落の圧力を受けた。

一方、鉄鋼、アルミニウム関税再開のニュースにUSスチールが4%以上ラリーし、スチールダイナミックも1%台で軒並み上昇した。

 
top