韓国GM、11月に3万9317台の販売…前年比1.8%↑

박수정 기자

登録 : 2019-12-03 15:27 | 修正 : 2019-12-03 15:27

[韓国GM、11月に3万9317台の販売…前年比1.8%↑]



韓国GMは先月、国内外の完成車販売実績が計3万9317台で、昨年同月より1.8%増加したと2日、明らかにした。

内需は7323台で、11.7%減少したが、輸出が3万1994台で、5.5%増加した。

国内で電気自動車「ボルトEV」は10月の640台に続き、先月690台売れ、成長を続け、8月に発売したピックアップトラック「コロラド」は前月(143台)の3倍以上の472台も売れ、業績に寄与した。

軽自動車「スパーク」の国内販売は1年前より20.3%減少したが、前月と比較すると、6.1%増加した。

「マリブ」(-53.1%)、「インパラ」(-68.1%)などの中型・中大型乗用車をはじめ、「トラックス」(-23.2%)などのレジャー用車(RV)、商用車「ダマス」(-25.6%)と「ラボ」(-17.2%)などは実績が後退した。

輸出では「スパーク」などの軽自動車が1万969台で、79.4%増えた。 先月よりはなんと117.7%も増えた数値だ。

中大型乗用車も3816台で、78.9%増えた。 ただし、RVは1万7209台で、20.5%減少した。
top