サムスンSDS、ベトナム「Sovicoグループ」とデジタル転換協約の締結…東南アジア市場への進出拡大

박수정 기자

登録 : 2019-12-03 15:56 | 修正 : 2019-12-03 15:56

[サムスンSDS、ベトナム「Sovicoグループ」とデジタル転換協約の締結…東南アジア市場への進出拡大]



サムスンSDSがベトナムのSovicoグループとデジタル転換支援と物流革新のための業務協約(MOU)を締結した。

3日、SI業界によると、ベトナム首相の経済使節団として韓国を訪問したSovicoグループのNguyen Thanh Hung会長は洪元杓(ホン・ウォンピョ)代表取締役とワークショップを行い、両社の協力関係分野を集中的に議論した。

1992年にハノイで設立されたSovicoはベトナム最大の民営航空会社「Vietjet」を含め、金融、流通、不動産、エネルギー分野の系列会社を保有したグループで、毎年急速な成長を続けている。

今回の協約で、両社は物流事業をはじめ、デジタル金融、流通、スマートシティ、メンバーシッププログラム分野で協力する。 特に物流分野では新規事業機会を共同で創出する計画だ。

SovicoグループはサムスンSDSのソリューション、プラットフォームと事業経験を適用し、既存のサービスのデジタル革新を実現し、より多くの事業機会を共同開発できるものと期待している。

サムスンSDSは「対外事業を通じた革新的成長」経営方針によって、7月、ベトナムのITサービス企業「CMC」に戦略的投資をするなど東南アジア基盤事業を持続的に拡大している。
top