斗山ボブキャット、北米「ZTR Mower」事業買収へ…造園装備市場に本格参入

박수정 기자

登録 : 2019-12-03 16:04 | 修正 : 2019-12-03 16:04

[斗山ボブキャット、北米「ZTR Mower」事業買収へ…造園装備市場に本格参入]



斗山ボブキャットが2日(現地時間)、米造園装備専門会社「Schiller Grounds Care」からZTR Mower事業を買収する契約を締結した。

3日、斗山ボブキャットによると、今回の買収対象はボブキャット・Steiner・Ryanの3つのブランドで、取引規模は8200万ドル(約970億ウォン)水準だ。 両社は年内に契約を終える計画だ。

ZTR Mowerは除草などの造園作業を行う装備で、ZTR方式を適用して作業の効率性が高い。 北米のZTR Mower市場は昨年基準で年間約81万台、48億ドル規模だ。 最近の5年間、販売台数が年平均7.8%増加するなど安定的な成長を見せている。

斗山ボブキャットは高いブランド認知度とディーラー力量を基盤に、造園装備市場で早期安着を目指している。 今回のZTR Mower事業の譲受が完了すれば、製品と販売網を同時に確保し、最近発売したコンパクトトラクターと共に、農業や造園事業の拡大を加速化する見通しだ。 特に両製品に対する需要が多い米南西部地域でディーラー網を拡張し、既存製品の販売も拡大する計画だ。
top