現代車、2025年まで61兆1000億投資する

박수정 기자

登録 : 2019-12-04 16:40 | 修正 : 2019-12-04 16:40

[現代車、2025年まで61兆1000億投資する]



現代(ヒョンデ)自動車グループが2025年まで61兆1000億ウォンを投資し、自動車部門の営業利益率を8%水準に引き上げる計画を明らかにした。

現代車グループは4日、ソウル汝矣島(ヨイド)でイ・ウォンヒ社長の主宰で機関投資者たちを対象に開催した「CEOインベスター・デー」で配布した資料を通じ、このように明らかにした。

現代自動車は既存の事業力量の強化に41兆1000億ウォン、電動化・モビリティ・自律走行など未来技術関連に約20兆ウォンを投資する計画だ。 これを通じて自動車部門の営業利益率を来年に5%水準から2025年に8%水準へ引き上げるということだ。

現代車は来年から年平均10兆ウォンの投資を行う計画だ。 2018年(6兆1000億ウォン)と2019年(7兆8000億ウォン)に比べ、3兆近く増えた規模だ。

従来の事業競争力の強化に41兆1000億ウォン、未来事業力量の確保に20兆ウォンを策定した。 新車開発とジェネシス、燃費改善など製品部門に26兆5000億ウォン、工場の新増設などに11兆9000億ウォンだ。

未来事業基盤の確保に向けた投資は項目別に△モビリティサービス・プラットフォーム(1兆8000億ウォン)、ロボティクス(1兆5000億ウォン)、UAM(都心航空モビリティ)(1兆8000億ウォン)など新事業7兆8000億ウォン △自律走行(1兆6000億ウォン)、コネクティビティ(9000億ウォン)など2兆5000億ウォン △電気自動車の生産など電動化9兆7000億ウォンだ。
top