​サムスン電子、昨年5Gスマートフォン670万台売った…1四半期に5Gタブレットも発売

박수정 기자

登録 : 2020-01-04 11:22 | 修正 : 2020-01-04 11:22

[​サムスン電子、昨年5Gスマートフォン670万台売った…1四半期に5Gタブレットも発売]



サムスン電子が昨年、5G(5世代移動通信)スマートフォンを670万台を販売したと3日、明らかにした。

同日、サムスン電子はグローバルニュースルームを通じ、昨年グローバル市場で「ギャラクシーS10 5G」、「ギャラクシーノート10」、「ギャラクシーA90 5G」、「ギャラクシーフォールド」など5Gスマートフォンを670万台販売したと明らかにした。

これとともに、サムスン電子は1四半期のうち、国内に5Gを支援する初のタブレット「ギャラクシータブS6 5G」を発売する予定だと伝えた。 サムスン電子は該当製品はプレミアムディスプレーを備え、ビデオストリーミングやクラウドゲームに適した製品だと説明した。

市場調査会社のカウンターポイント・リサーチによると、昨年11月までサムスン電子はグローバル5Gスマートフォン市場でシェア53.9%を占めた。

カウンターポイント・リサーチは昨年、5Gスマートフォンがグローバルスマートフォン販売量のうち、1%を占めたが、今年1687%成長し、総販売台数のうち、18%を占めるものと見込んだ。 サムスン電子は今年上半期に5Gを支援するギャラクシーSシリーズ新製品を通じ、5G市場の先導を固めるという方針だ。
top