「性的暴行疑惑」の歌手キム・ゴンモ、15日警察に出頭

양정미 기자

登録 : 2020-01-15 13:52 | 修正 : 2020-01-15 14:04

[写真=聯合ニュース(15日午前、警察に出頭した歌手キム・ゴンモ)]


性的暴行の疑いを受けている歌手キム・ゴンモが15日午前、ソウル江南警察署に出頭した。

本日(15日)午前10時20分頃、ソウル江南警察署に姿を現した彼は「性的暴行の容疑を認めるか」という取材陣の質問に何も答えなかった。

先立ってキム・ゴンモの所属事務所は、「6日、キム・ゴンモに性的暴行を受けたと主張した女性A氏に対し、名誉毀損の疑いでソウル中央地検に告訴状を提出した」と明らかにした。

A氏は2016年、ソウル市内にある自身が勤務していたルームサロン内でキム・ゴンモに強姦されたと主張し、昨年12月9日、キム・ゴンモを強姦罪で告訴した。キム・ゴンモは「事実無根」と主張し、同月13日、この女性を誣告(虚偽告訴)として告訴した。

1992年にデビューしたキム・ゴンモは、多数のヒット曲を生み出し、最近まで活発に活動を続けてきた。特に昨年10月には結婚を発表し、今年5月に式を挙げる予定であることを明かしていた。
top